車の売却形態

車の売却の名称

クロス売却とV字売却

 

 

車の売却方法には「クロス売買」と「V字売買」というのがあります。

 

 

ほぼ業界用語に近いのであまりご存知の方はおられないと思いますが、

 

 

「クロス売買」というのは、車を買った所で売る事です。

 

 

その売買形態がX(クロス)するように行われるので、「クロス売買」と呼ばれております。

 

 

これに対して、「V字売買」は新しい車を購入する店と愛車を買い取ってもらう店が違う場合の事です。

 

 

ユーザーを起点にして売ると買うが離れているので、V?と呼ぶようです。

 

 

昔は下取りが当たり前でしたが、1990年代になって新しく登場してきた業態である車の買取店の出現によって、

 

 

クルマを購入する「自動車販売店」と、愛車を売る「自動車買取店」の2つの形態に分かれることによって、徐々に「V字売買」が増えてきました。

 

 

これからはネットを使って愛車は、V字売買の時代へという、流れになっていくことが予想されます。

 

 

 

続き・・・車を売る時は手間は少なくするか査定価格を高くするか

page top