車の下取り

車の下取りについて

 

 

車の下取りは本当に安い?

 

買い替えを考えてるなら下取りの方がオトク?

 

いまの車を売却して新しい車に乗り換えようとしているなら購入するディーラーで下取りしてもらえばその分を購入資金に回せるし手間も省けるので良いのではないかとお考えの方もいるでしょう。

 

しかしそこには大きな落とし穴が待っているのです。

 

自動車の下取りは、新車を購入する際に新旧車を入れ替えるだけでOKなので、多くの方に利用されています。

 

でもなぜ下取りは、安く見積もられてしまうのでしょうか?

 

ディーラーとしては売却してくれる事がほぼ確定しているのに高額の下取り金額を提示する必要はないのです。

 

多少購入する車の価格を下げてくれたり、オプションをサービスしてくれるかもしれませんがそれは大したことではありません。

 

あなたがもし、ディーラーで新車を購入されたとすると、下取り車は、ディーラーを通して廃車手続きが行われるか、中古車として販売されるというどちらかのルートになります。

 

下取り価格は、予め協会から指定された様式を使いますので、マイナス方式で価格が決まります。

 

新車価格からどんどんマイナスしていって、最後にいくらとなるのが一般的で、人気とはかけ離れた査定な為、本来のオークションなどの落札金額とは違って、「人気」という要素が入らないという事です。

 

その為、買取金額が安くなるわけです。

 

そのような仕組みな為に、下取りに出すことは非常にリスキーなことであることがわかって頂いたと思います。

 

確かに手間がないことは便利なのですが、かなりの金額の低下が予想されます。

 

車の適正価格を知って高値で売る

 

新しい車に買い替えを考えている方は、今まで乗っていた車をどうしようかと考えられていると思います。

 

新車を購入する人なら、新車の販売店で下取りを勧められることも少なくないです。

 

初めて車の買い替えをする人や、頻繁に車を買い替えることのない人なら、不要になる車の処分は面倒です。

 

そして、どうしたらよいのかわからないという人も少なくないです。

 

そんな人は、ディーラーなど販売店のセールスマンのトークに乗せられて、安い下取り価格で出してしまうことも多いのです。

 

実際に、色々とまわるのも面倒ですし・・・

 

そこで、買い替えの経験がある人にこそ知ってほしいのが、今乗っている車の相場です。

 

下取りは面倒な手続きが必要ありませんから便利なのですが、何も調べずにやってもらうと、相場よりも安い値段で下取りされる事がほとんどですので要注意です。

 

車を売る際に、自分の車の適正価格を知る必要がありますが、それには中古車の買取査定を受けることが一番です。

 

今では、一括査定と言いまして、中古車の査定をネット上からまとめてすることができますので、一度に複数の業者から見積もりをもらうことが可能になりました。

 

一括で買取査定をネットで受けると言うことは、実際に査定を受けるように車を持っていくことも必要ありませんから、手間もかかりません。

 

本当に簡単にできますから、一度やってみることをおすすめします。

 

また、更に高い査定金額を出してもらうための方法が

 

 

複数の一括査定サービスを利用する

 

1日で5〜6件の実車出張査定を受ける

 

交渉は「一番高い所に売ります」でOK

 

 

それでは以下の高い査定金額が出ると評判の査定サイトを紹介します

 

ズバット車買取比較

一括査定サイトとしては、右肩上がりの会社です。
一番の特色としては、平均で下取り価格よりも16万円も高く買い取っている事です。

公式サイトはこちらから

 

かんたん車査定ガイド

一括査定サイトでは高額査定が出るとして有名なサイトです。
下取りとの比較では40万円以上の差も掲載されています。
また、入力が楽な事と、概算であれば入力後すぐに表示されますので、相場を知りたい方にも気軽にお申込できます。

公式サイトはこちらから

 

カーセンサー

リクルート運営で雑誌でもおなじみのカーセンサーです。
特徴として、メールでのやり取りも出来るため、女性や忙しい方でも安心して利用できます。

公式サイトはこちらから

 

 

下取りのメリットとデメリット

 

初めて自動車の買い替えを考えている人に、自動車の下取りとはどういうものかをご説明します。

 

自動車の下取りとは、ディーラーや中古車屋で新車や中古車を購入するときに、今乗っている車を下取りしてもらって、その金額を新車の購入価格から差し引いてもらうサービスの事です。

 

新車の購入&買い替えをする方には下取りはメリットがあります。

 

それは、納車=引取りとなるケースが多いので、手間がかからないことです。

 

ディーラーが行っている下取りだと、新車の購入も現在の車の処理も、一括ですべてしてもらえるわけですから、忙しくて時間がないような人にはおすすめの方法です。

 

また、これからも購入するときは新車という人なら、ディーラーと仲良くしておくことはメリットがありますから、新車しか買わないというような方にも下取りは良いのかも知れません。

 

ただし、事故車は下取りは敬遠する業者も多く、高額の下取りは難しいと思われます

 

では買取なら大丈夫かというと、事故車は買い取ってもらえることもありますが、修復歴があったり改造していたりすると、買取も対象ならずに値段がつかないこともあります。

 

下取りのデメリットは、買取業者と比較すると査定金額が格段に安いことです。

 

平均で20万〜30万円程度は安いといわれています

 

新車の購入価格から相殺できるとなるとこの差は大きいと思います。

 

下取りと車の購入手続き

 

下取りに出す場合、名義変更が必ず必要で、そのために、軽自動車以外は、実印を押印した委任状、譲渡証明書、印鑑証明書が必要になってきます。

 

又、下取りの際には、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書も必要です。

 

これらの必要書類を揃え、下取り契約書に押印して、初めて車の売却手続きが完了します。

 

そして新車購入のための手続きとして、車庫証明書(軽以外)、印鑑証明書、委任状、実印(軽以外)が必要になります。

 

下取りに出す車も新たに購入する車も、印鑑証明書以外の必要な書類は業者から提出されますが、その書類に住所と名前を記入して、印鑑を押さなければなりません。

 

下取りに出す車と購入する車に必要になる委任状と譲渡証明書には実印を押す必要があり、印鑑証明書は下取りに出す車の名義変更と購入する車の登録に必要な書類です。

 

名義変更を済ませると、車検証と登録事項等通知書が発行され、抹消登録すると抹消登録証明書や登録事項通知書が発行されることになります。

 

車の名義変更をした場合、自賠責証明書と名義変更した際に記入した車検証を持参して、加入している自賠責の損害保険会社に出向く必要があります。

 

関連記事

 

売却の必要書類

 

必要書類の書き方

 

契約前の注意

 

自動車の購入時、または下取りや売却は、金額が多いために、いつもよりも慎重になって下さい。

 

大金と個人情報が行きかうだけに、トラブルが起きれば大変です!

 

一度契約をすませてしまえば「こんなはずじゃなかった!」「話が違う!」と言ってもなかなか聞き入れてもらえないのが当たり前の世界だからです。

 

トラブルを防ぐためにも、契約前には以下の点に注意しましょう。

 

基本は、契約書

 

自分と相手とで話したこと、約束したことが、すべてきちんと契約書の中に記載されているかどうか、最後まで入念にチェックしてください。

 

親しい人だから、良くしてくれる営業マンだからといって、個人的な口約束をうのみにしていると、あとで痛い目にあってしまいます。

 

どんな間柄でも、ささいなことでも、必ず書類に記載してもらって双方の承認と印を得るようにすることが、トラブルを避けるコツとなります。

 

またわからないことをわからないままにしておくことも避けましょう。

 

説明を聞いて、あるいは書類を読んでなんとなくわかった気になったというだけでは、駄目です。

 

どんな小さなことでもよくわからない点については質問をし、契約書に書かれていない事は欄外にでも書いて貰うようにしましょう。

 

このとき、質問や約束事を快く答えてくれない業者はトラブルの元です。

 

 

関連記事

 

無料出張査定で一番高い値段を付ける

 

必ず16万以上高く売る方法

page top