車の下取りと見積もりを有効活用

車の下取りの見積もり

車の下取りで損をしないために

 

中古車売却をする際に、一般的には買取と下取りとがあります。

 

下取りとは、新しい車を買う代金に、今乗っている車の金額分を充当することをいいます。

 

下取りは、新車を購入するのが前提となっているために、買いたい車があるディーラーで下取りを行うのが定番です。

 

しかし、新車ばかりを扱うのがメインのディーラーで下取りをしてもらうと、1社だけからの査定額となり、他の買取店との比較が出来ないために中古車の価格が想定より低くなってしまうケースが多々あります。

 

その場合は、すぐに下取りに出すのではなく、別の高査定で買い取ってくれる中古車販売店での査定も検討すると良いでしょう。

 

下取りと車買取専門業者を比べるさらに、オンラインの車一括査定サービスでの査定も同時に行って、三者を見比べるとより高い査定額を見極めることができるでしょう。

 

車の下取りのメリットとしては、そもそもその車の査定価値が無かったり、人気の無い車の場合などに出てきます。

 

ディーラーとしては、新車を買ってもらえるメリットがあるため、中古車の下取りは、ほぼ値引きの意味合いが強くなっています。

 

なので、中古車販売店で買取をしてもらえなかった車でも、下取りでならある程度の価格がつくケースがあるわけです。

 

しかし、中古車販売店で値段がつかなかった場合でも、オンラインの一括査定サービスでは十分に高額査定を勝ち取れる可能性があります。

 

下取りを考える時には三者競合で臨み、三者の見積もりを見比べ、損の無い下取りを実現しましょう。

 

下取りのメリット

 

下取りのメリットは、なんといっても、新車の購入と同時に、古い車の処分がいっぺんに出来るところにあります。

 

下取りのメリット通常、ディーラーの下取り価格は、中古車買取店より低くなる傾向にあり、オンラインの車一括査定サービスとくらべてもかなり低くなっています。

 

しかし、もともと人気の無い車の査定や年式が古く高価格での買取が期待できない場合には、値引きの意味合いで、下取りにそれなりのメリットがあります。

 

ですので、車を多く乗り、ほとんど乗りつぶすまで使用する人にとっては下取りは便利です。

 

新車の購入と古い車の下取りが同時にできれば、古い車を置いた帰りには新車に乗って帰ることが出来ます。

 

手間をかけたくない人や時間があまり無い人にとっては、手続きのスムースな下取りは意味があることだと思います。

 

また、下取りではドレスアップしたパーツなどはあまり査定に影響しない反面、事故で修理歴があるような車でも下取りを気軽に依頼できるという良さがあります。

 

さらに、いつも新車を買っているなじみのディーラーであれば、売り手と買い手の信頼関係もより強くなり、新車購入後のアフターサービスも手厚くなるでしょう。

 

以前は中古車をディーラーに下取りしてもらうことが普通でした。

 

しかし、最近では少しでも高く車を売りたいという人が増え、下取りに出さずに車買取専門店に車を査定してもらう人が増えているようです。

 

むしろこちらの方が一般的になりつつあります。

 

自分のメリットを十分に考え、下取りに出すべきか、車買取店に査定を頼むべきか冷静に判断しましょう。

 

また、まずはオンラインの車一括査定サービスを使って、車がいくらくらいになるかを調べてから考えるのも良いと思います。

 

下取りのデメリット

 

ディーラーに下取りに出すデメリットは、新車の購入と同時に下取り価格が出されるため、複数社に査定してもらって比較する場合にくらべ、査定が低めになるケースがあることです。

 

特に下取りの値段がそのまま新車購入の頭金になりますので、本来の車の下取り価格なのか、値引き分をどの程度加味しているのかわからなくなります。

 

下取り価格についても、細かく交渉をしなくては、一般の相場に比較してずいぶん低めの査定をされてしまうことがあるので注意が必要になります。

 

新車を購入することが前提になっているので、下取りは二の次になってしまうケースが多いと思いますが、場合によっては何十万円の差になることもありますので、なじみの店ということで妥協すると、大きなデメリットになることにもなりかねません。

 

中古車を下取りに出すデメリットのもう一つとしては、ディーラーはあくまで新車の販売が主であって、中古車の買取がメインでないという部分があげられます。

 

車買取店のメリットここについては、やはり車買取店に軍配があがるでしょう。

 

もちろんディーラーも車の査定に関してはプロなのですが、どうしても渋めの査定をする傾向にあるようです。

 

新車の販売をメインとするディーラーと、中古車の買取をメインとする買取業者では根本的なスタンスが違いますので、これは仕方の無いことだと思います。

 

新車を選ぶ時にはたくさんのディーラーを回って価格交渉する人が多いですが、以外と下取りにはさほど興味のない人が多いようです。

 

買取専門店に足を運んで、中古車の査定額が何十万円も変わってくる可能性があるのなら、面倒がらずに複数の店で査定をしてもらうのがおすすめです。

 

さらに、オンラインの車一括査定サービスで中古車の査定額を下調べしておくことも、交渉に大いに役立つことでしょう。

 

実際の現場では・・・

 

ディーラーなどの販売店で新しい車を買う場合、今乗っている車を下取りに出すことが多いですね。

 

その時に、交渉を有利に進める為に、まずは下取りなしで車体価格のみで値引き交渉するのが得策です。

 

始めから下取りに出すことを前提に新車の値引き交渉すると、新車の値引率が悪くなったという事が良くあります。

 

下取りの場合は、値段だけ見るのではなく、新車の値引きと合わせて考えなければなりません。

 

値段だけ見れば、買取りに出すよりも下取りに出した方が高く査定してもらえたと思っていても、実際にはそうでない場合があります。

 

下取りの場合、下取車諸費用や査定料がかかってきますので、下取りに出す予定の車がある場合でも、まずは新車の購入に絞って交渉された方が得策です。

 

方法としては、「下取車があるけど買取店に売るかもしれない」「家族や友人に譲るかもしれない」と伝え、まずは下取りなしの新車の見積りを出して貰って下さい。

 

新車の見積りを出してもらったら、そこからできるだけ値引き交渉をします。

 

限界まで値引き出来たと感じたら、次に下取車の査定をしてもらいます。

 

下取査定と新車購入を同時にすると、下取査定額と新車購入費用でバランスを取られてしまいますが、新車購入費用が確定した時点で下取査定額を聞けば、本当の査定額が分かります。

 

それと同時に買取専門店にも査定をしてもらっておき、買取店の方が高ければ買取店に売り、下取りの方が高ければ下取りしてもらいます。

 

ここで、下取りの方が万が一高ければ、買取店に「下取りでは○○万円になると言われた」ことを伝えると、査定額をアップしてくれる事も期待できます。

 

下取車がない場合、販売店は目一杯新車の値引きをしますが、下取車がある場合、新車を目一杯値引きしたように見せて査定額を下げることも可能です。

 

賢く車を買うためには、まずは車両価格のみの値引き交渉を行い、限界まで下げてもらった所で、下取車を査定してもらいます。

 

下取り額が低ければ買取店に売れば良いだけの話ですので、デメリットはありません。

 

ただし、買取店に直接持っていっても高く買い取ってくれるとは限りません。

 

それで、利用したいのが、一括査定サービスです。

 

複数の業者に一括で査定依頼が出来たり、概算価格がすぐにわかったりと良い事尽くめです。

 

これを利用しない手はありません。

 

関連記事

 

無料出張査定で一番高い値段を付ける

 

必ず16万以上高く売る方法

page top