車が10年10万キロを超えていた場合に売れるのか

よくあるケースとして登録から10年・走行距離が10万キロを超えている場合に車が売れるのか

 

ひとつの節目としての10年10万キロですが、実際にそんな車でも売れるのでしょうか

 

登録より10年・走行距離10万キロ超の車を高く売却する

 

いわゆる10年10万キロの愛車なんですが、殆ど買値が付かないと思って下取りの時に廃車にしてもらおうと考えていたのですが、一括査定というサービスを拝見して、ひょっとしたら5万円でも値段が付けばいいなぁと思ってこのサイトを見ていたのですが、実際に私のようなケースでも買値が付くのでしょうか?

 

メーター

 

 

実際に下取りに持っていけば0円もしくはかなり買い叩かれる事は想像できます。

 

ただし、現車の内装が綺麗であったり、大事に乗られていると査定額があがる可能性はあります。

 

もし、下取りに持って行かれるのでしたら、自信なさげに交渉するのは避けたほうがいいと思います。

 

出来る限りよい所をアピールされるように心がけて下さい。

 

今の車はメンテさえしっかり出来ていれば20万キロも軽く走れるので、実用面では問題ないのですが、やはり買う方のイメージがどうしても10万キロを超えるとタイミングベルトの交換やウォーターポンプの交換等どうしても故障箇所が増える為にその後の追加費用が頭によぎってしまうので、買取店も安くせざるを得ません。

 

ですが、貿易で売れる車なんかは10万キロでも普通に売れますし、こればっかりは車種にもよりますので、絶対に高く売れるとか売れないとかは正直わかりません。

 

ですので、一番良いのはまずは買取価格の相場を知る事です。

 

その上で交渉されたほうが買取店も食い付いて来やすいです。

 

例えば相場で20万円の値段が付いていたとしたら、下取り店でもその金額を基に交渉が出来ますが、知らない場合は相手の言いなりになりがちです。

 

ここでお勧めしてるように、WEBの無料一括査定を利用して、複数の買取業者の買取り見積もりを取られて比較するのが一番かしこいやり方だと思います。

 

一旦下取りに持って行って査定してもらうと正直面倒くさくなりがちになりますので、まずはWEBから相場を知ってから行かれた方が交渉がしやすくなりますし、何より安心感が出ます。

 

他のページでも書いていますが、私の場合は10年落ちで9万キロのムーブカスタムをシートカバーを付けてずっと使っていたため、シートがサラの様に綺麗でした。

 

その為、査定ではすごくいい評価をされて15万円の査定が出ました。

 

これも人気と状態によりますので、まずは相場を知ることから始められると、結果的に高く売れます。

 

 

10万キロを越えた車買取の理由

 

 

どうして、不動車や事故車、水没車、10万km以上の多走行車などでも売れるのでしょうか?

 

極端な話、ヤフオクなどでも不動車は売れます。

 

それらは一体どのように流通していくのでしょうか?

 

水没、事故などにより動かなくなってしまった自動車は、ほとんどの場合廃車処分にされてしまうことと思います。

 

しかし、専門の買取業者は、自動車が廃車状態になっていても買取をしてくれるのです。

 

不動車の中には、修理をすれば復活するレベルの車もあります。

 

買取業者は、復活させるだけの独自の技術を持っています。

 

また、彼らは故障車、不動車、事故車などの廃車を独自に売りさばくネットワークを持っており、意外なほどの高額で買取してくれます。

 

彼らが主に市場としているのが海外です。

 

 

いくら、買取業者が復活させたとしても、そういう車は日本国内では売れませんし、買っても修理代の方が高くつくかもしれません。

 

輸出しかし海外では、「日本車は安全、安心、高品質のブランドである」と考えられているのです。

 

日本国内で、定期的な車検が義務づけられていることもその人気の理由の一つです。

 

海外では日本のように、車検制度が国により義務づけられていません。

 

なので、「日本で乗られていた」「MADE IN JAPANの車」というだけで性能面や、安全性、信頼性において、我々の想像を絶するほどのクオリティが認められているのです。

 

特にタイなどのアジアやアフリカの途上国、オーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、ロシア、ドバイなどでは日本車がとても人気があります。

 

海外では日本車は性能が良く人気も高く、国によっては、「修理したのだから問題なく乗れるだろう」と欲しがる人も多いのです。

 

そのため、海外への流通ルートを持っている買取業者は、不動車でも気にせず買い取ってくれるのです。

 

海外へ輸出されない不動車でも価値はあるのか?

 

ただ、どうしても修理不可能、修理代が高くつくというケースも当然あります。

 

しかし、そのような不動車でも買取業者は買い取ってくれます。

 

パーツ走ることができなくなった車でも、タイヤ、ホイール、オーディオ、シート、電装部品などたくさんのパーツが使われています。

 

たとえ事故を起こして不動車になったとしても、よほどの大事故でない限り、使える部品はいくらでもあるのです。

 

これら車の部品は、特に海外での需要が高く、金額的価値が十分にあるのです。

 

買取業者は、車を解体してこれらの部品を取り、再利用・再流通させているのです。

 

そのため、修理不能な不動車でも買い取ってもらえるというわけです。

 

こういった、海外で日本車が人気があるという背景から、車の部品なども買取業者によって海外に輸出されているのです。

 

というわけで、たとえ動かなくなった廃車同然の車でも買取してくれる専門の業者があるので、廃車するしかないと諦めずに、買取業者を探して査定してもうらうのが賢い方法と言えるでしょう。

 

いかにして買取業者を探すのか

 

インターネット査定とはいえ、自分の足で上記のような買取業者を探すのは無理があります。時間も手間もかかります。

 

しかし、現在では、インターネット上の車一括査定サイトの利用が可能になっており、利用者の数も急激に増加しています。

 

車一括査定サイトとは、無料で買取業者と車のオーナーの売買の仲介をするサイトです。

 

この無料査定サービスを利用すれば、いつでもどこでも、廃車だろうと不動車だろうと事故車だろうと水没車だろうと、ちゃんと車として買い取ってくれる業者があっという間に見つかります。

 

全国24時間どこでも査定ができますし、ごく簡単な項目の入力のみで、すぐに査定金額がわかります。

 

廃車にする他ないと諦めていたあなたの車にも意外な価格がつくかもしれません。

page top