買取の際のオプションパーツについて

買取の際のオプションパーツは付けたままの方が良い?

 

オプションパーツはあった方が良い?

 

実はこれはケースバイケースです。

 

純正のオプションはある分だけプラス査定になる可能性が高いです。

 

しかし純正以外のパーツは好みの問題なので万人に受け入れられる可能性が低い分、高い査定ポイントになる可能性は極めて低いですし逆にマイナスポイントになる可能性のほうが高いです。

 

どちらにせよ、そのパーツにかかった費用分の査定が得られることはないと考えておいた方がよいでしょう。

 

なので純正以外のパーツは外して査定してもらった方が無難です。

 

もし純正のパーツを持っているのであれば取り付けたほうが良いですね。

 

できるだけ元の状態に近い方が高査定になります。

 

その時外したパーツは専門店などに持っていって売却する方が賢いと思います。

 

ただし、スポーツカーで人気のホイールやスポイラーなんかは評価してくれるお店もあります。

 

このオプションがあれば必ず高く売れます。

 

買取価格をアップ出来るオプション・パーツの中で査定額に大きく影響するのが3つあります!

 

純正オプション

 

まずは何といっても純正オプションですが、メーカーオプションやディーラーオプションは、後から付けることができないものがほとんどということもあって、間違いなく査定アップします!

 

純正というのがポイントで、外品であると査定が下がる場合があります。

 

安全装備

 

最近需要が増えてきた安全装置ですが、これらも後から付けられないので査定が上がります。

 

ナビ、革シート、サンルーフ

 

そしてナビ、革シート、サンルーフも査定アップします。

 

この装備だけは純正ではなくてもアップします。

 

査定時には忘れがちですので、きちんと確認してくださいね。

 

 

以上3つ紹介してきましたが、これら以外にも整備点検簿や禁煙車など査定アップの項目はあります。

 

単独の査定であれば、査定士との交渉も必要になってきます。

 

複数の一括査定サービスですと、

 

「一番高く値段を付けてくれた所に売ります」

 

これだけで良いです。

 

ですのでみなさん一括査定サービスを選ぶんですね。

page top