離婚に伴う車の車買取

離婚についての車買取について一番の方法

 

 

このページを読まれていると言う事は既に離婚をされてお困りか、離婚をお考えのタイミングだと思われます。

 

離婚によってやむを得ず車を売ることになった場合、少しでも高く売ったり、財産分与などの法律に関することがご心配だと思いますが、この件についてお伝えします。

 

この方法を知っておけば、離婚で車を売ることになった場合でも経済的にも法律的にも心配することなく手続きを進めることができます。

 

心を切り替えて再出発をなされて下さい。

 

離婚で車を売る時は少しでも高く売りたい

 

離婚が既に決まって、既に車を売ることを決断されている方は、「早くどこで車を売るのが1番いいのか?」とお考えかも知れないですね。

 

車を売る為の方法はいくつかあって、友達に売ることや下取りや一括査定など複数あります。

 

離婚が原因で車を売ると言うことは、おそらく新しく車を買って入れ替えるという事がしばらくはないものとしてお話させて頂きますと、離婚が原因で車を売るときには複数の買取査定業者に見積もりを出してもらうことが最善策になります。

 

なぜかと言いますと、車買取専門店に単独で持って行っても査定額がかなり低く見積もられます。

 

関連記事:車を高価で買取してもらう方法

 

 

離婚が決まって少しでも早く高く車を売ってスッキリしたいとお考えのはずです。

 

過去を引きずらずに新たな気持ちで・・・

 

とお考えでしたら効率的な一括査定は外せません。

 

 

関連記事:一括査定で高額で売れた体験談

 

離婚したら車は財産分与の対象ですか?

 

前述で、離婚時に車を少しでも高く売るには一括査定を活用するのが効率的・効果的であることがおわかりいただけたと思います。

 

次に出来てくる問題で深刻なのが、離婚をすると発生する財産分与です。

 

財産分与とは夫婦共有の財産を2人で分けること です

 

要するに、2人で利用していた車は財産分与の対象になるかも知れないわけです。

 

ではあなたの車が財産分与の対象になるのかどうかの判断基準をお知らせします。

 

離婚時に車が財産分与の対象とならないケース

 

離婚しても財産分与する必要のない車のパターンは以下の2つです。

 

  • 結婚する前から乗っていた車
  • 自分の家族などから相続や贈与で受け継いだ車

 

上記のパターンは、基本的に共有財産と認められない為、離婚しても財産分与の対象とはなりません。

 

ただし、相手側が車の維持費の相当額を負担していたりする場合には財産分与の対象になる可能性もあります。

 

車が財産分与の対象となったら時の分配

 

では財産分与の対象となった場合はどうなるのか。

 

基本的に車に限らず財物を分けるときには、2つの方法が取られます。

 

その物を売った額を分割

 

車はモノですので、双方に分配するためには以下の2つの方法があります。

 

  • 車(財物)を売って、売却金額を割合に応じて分ける
  • どちらかが所有者となって、相手に割合分担金を払う

 

財産分与の負担割合

 

車が売れた場合、その売却金を夫と妻で分ける場合には、車を買った時にどちらがどれくらい負担をしたかによって、その割合が変わってきます。

 

当然、車の費用を多く負担した方がより多くの財産分与がなされるということです。

 

例として、300万円の車を夫婦で購入したして

 

夫の負担額が200万円、妻の負担額が100万円で購入したとすると、負担割合は夫2:妻1ですね。

 

それではこの車が150万円で売れた場合は

 

  • 夫がもらえる金額は100万円
  • 妻がもらえる金額は50万円

 

 

となります。

 

とりあえずお互いの負担額の確認が必要ですが、裁判になると、維持費の負担割合も加味される可能性があります。

 

車が30万円以上も高く売れる?

 

実際に車を売った事がない方は、どこで売るのが本当に高く売れるのか?

 

と思われると思いますが、やはりオークション形式で値段を付けてもらった方が値段が上がり安いのはご想像頂けると思いますが、私も10年超えのムーヴを15万円弱で売れたのですが、これも一括査定で複数の会社に査定して頂いたからですし、1社だけだと0円の可能性もあったわけですから、差額の15万円で新しい車のタイヤやホイールを買ったり大容量のバッテリーを買ったりできたのもたくさんの見積もりが出来たおかげだと思っております。

 

「まずは概算価格だけでも知りたい」という前向きな心がスタートだと思います。

 

関連記事:一括査定で高額で売れた体験談

page top