車を買取りしてもらった際にリサイクル料は返ってくる?

車を売る時のリサイクル料はどうなりますか?

車を売りたいのですが、以前に支払った車のリサイクル料が戻ってくるのかどうか疑問です。

 

既に支払ったリサイクル料は車売却時に戻ってくるのでしょうか?

 

リサイクル

 

 

2005年に制定された自動車リサイクル法によって、現在では自動車購入時にリサイクル料の預託金を支払うことになっています。

 

 

リサイクル料とは、車が廃車になった時に環境保全や、その処理にかかる一部の費用を利用者が負担するもので、自動車リサイクル法によって定められています。

 

 

リサイクル料については、2005年1月以降の新車購入時、最初の車検又は構造変更時で支払うことになっています。

 

 

要するに、今乗られている自動車は全てリサイクル料の預託金を既に支払っていることになります。

 

 

その車が廃車になった時点で実際にリサイクル料を支払うことになりますので、その車のオーナーが変われば既に支払ったリサイクル料が返って来ることになります。

 

 

具体的には、預託金を支払った時に「リサイクル券」という書類を受け取りますが、車の売却時にこのリサイクル券を譲渡する事でリサイクル料金が受け取れます。

 

 

注意点としては、査定時に車の査定額と、このリサイクル料の両方の料金が提示されなくてはいけないのですが、全部込みの金額で査定される場合があります。

 

 

査定時には、車のこのリサイクル料に関しては、査定された金額に含まれているのか含まれていないのかをしっかり確認されて下さい。

page top