あなたの車を高価買取する際の見積もり、シミュレーションで一番高く売却できる方法の流れまとめ part2

あなたの車を高価買取する際の見積もり、シミュレーションで一番高く売却できる方法の流れまとめ part2

中古車の定価

中古車は新車と違って定価が存在しません。

 

中古車相場では人気、車種、カラーによって車の価値が左右されています。

 

買取専門店がオートオークションの人気度に基づいて車の買取価格を決めます。

 

中古車の人気に影響を与える要因といえば 年式、車種、ついてある装備、色などです。

 

上記の要因のなかで中古車の買い取り価格を一番左右するのは年式です。

 

そもそも一年で車の価値どれくらい下がるのでしょうか。

 

例えば車の価格が200万円ですと・・・

 

一年が経ったら170万円になります。

 

二年が経つと140万円、3年目の場合110万円。

 

というのは毎年価格が30万円安くなるわけです。

 

しかし、この計算式が価格に反映なく、特別な値段で取引されている中古車があります。

 

それは稀少車種と人気モデルの車です。

 

年式の次に中古車の値段に反映する要因は色です。

 

黄色、緑、茶色など派手ないろより、黒、パールなどの中古車が高くい査定されています。

 

もうひとつ価格を大きく変動ができる要素は車種です。

 

スポーツカー、セルシオやベンツ、BMWなどの高級車のような趣味性が高い車の査定価格差はボディカラーによって大きくなる傾向があります。

 

他に査定価格を高くする要素は人気グレード、純正オプション(マルチナビ、サンルーフ、革シート他、アルミホイールの装着などがあります。

 

社外品の装備はあまり評価を高くされませんが、純正よりも人気のある社外品に高い査定を提示する買取業者もあります。

 

あなたの愛車を考えて、それぞれの要素をプラス評価してくれる専門店がお勧めです。

 

売却時期

 

 

意外と高額査定を得られる方法のひとつは、正しく売却時期を選ぶことです。

 

査定時期によって万円以上の差が出る場合も少なくありません。

 

人気の車種や売れる時期、グレード・カラーなどの情報を調べておけば、中古車査定の際にはかなり役に立てます。

 

もちろんの買取業者はこうしたオートオークションの情報がわかっています.

 

仲良くなったらアドバイスを得ることも可能となります。

 

 なので中古車買取業者を敵味方として取り扱うより仲良くしてく活用しましょう。

 

輸入車、旧車でもネットの活用で高額査定ゲット!

 

最近 日本で輸入車数が増えてきました。

 

けれどもまだ輸入車より国産車の数が圧倒的です。

 

なぜかとういうと、輸入車は故障しやすく維持費がかかるというイメージが強いです。

 

輸入車には特定のメーカー、車種によって買取査定が大きく異なる傾向があります。

 

海外メーカーの中で一番人気があるのはBMW、メルセデス、アウディなどのドイツ系の車と、コンパクトで乗りやすいプジョーなどです。

 

そういう輸入車は有利な査定が出やすいです。

 

それに対して、マイナーな輸入車の中古車は需要が少ないため査定額は低いです。

 

とくにアメ車はそうです。

 

また、輸入車は低年式の場合はさらに厳しく、査定が付かないことも結構あります。

 

でもあきらめるのはまだ早いです。

 

大手買取専門店や、インターネットの一括査定サービス等なら輸入車を専門的に扱っている業者があるため人気薄の輸入車でも適した査定額が提示される可能性があります。

 

インターネットの一括査定サービスの業者は潜在的な輸入車のユーザー需要とネットでの情報流通をマッチングすっることで、市場を開拓する面があります。

 

輸入車と同じような問題は、個性で売っている旧車にもあります。

 

20 年、30年前の名車と呼ばれたモデルを持っている人もいます。

 

今まで愛車へ思い入れが十分に反映された査定額を得るのはなかなか難しいことでしたが、最近はネットの一括査定を利用することで期待を超えるような高値が付くことが可能になりました。

 

旧車でもマニアが憧れているようなモデルであれば、ネットの査定を利用してみたらいかがでしょうか。

 

予想外のよい査定金額になるかもしれません。

 

次へ

 

 

page top