自動車登録についての豆知識

自動車登録の手続きと流れ

 

自動車登録の手続き

 

自動車登録の手続き自動車の登録手続きは、自身の住所を管轄する運輸支局や検査登録事務所で行います。

 

自動車の手続きには次のものがあります。

 

  • 新車や中古車でナンバーのついていない車を登録する場合は「新規登録」といい、新車新規と中古車新規があります。
  • 氏名や住所や使用する地域などを変更した場合は「変更登録」といい、変更後の地域の管轄する運輸支局等で手続きをします。
  • 自動車を売買などにより譲渡または譲受する場合は「移転登録」をして所有者を変更します。
  • 自動車を使用しなくなったり解体または輸出する場合は「抹消登録」といいます。
  • ナンバープレートを紛失や盗難や毀損などした場合は「番号変更」の手続きをします。

 

自動車登録の流れ

 

自動車登録の流れまずは書類を準備しますが、くれぐれも有効期限には注意しましょう。

 

住民票・戸籍抄本・登記簿謄本(それぞれ3ヶ月以内)、車庫証明(1ヶ月以内)、いずれも、記載住所が車検証と同じでないときは住民票の除票を取得する必要があります。

 

次に、管轄の自動車登録検査事務所に行って、設置してある必要書類に記入します。

 

事前に準備するほうがよい書類もありますので、あらかじめ聞いておきましょう。

 

手数料納付書に記入して印紙を貼り、自動車税申告書にも記入します。

 

印鑑を持参することも忘れないようにしましょう。

 

いよいよ申請です。

 

必要な書類をすべて登録窓口へ提出します。

 

ナンバーに変更がなければ判子を押してから戻されますので、自動車税事務所へ行きそこで自動車税申告書を提出して、再び登録窓口へ提出します。

 

これで車検証の出来上がり、すべて終了です。

 

なお、ナンバー変更がある場合は別にプレート費用が必要です。

 

希望ナンバーがあれば、あらかじめ予約しておいて作ってもらいましょう。

page top