実際の査定で気を付ける事を体験と動画にて解説

実際の査定ではここを見られるぞ!

車査定買取で知っている方が確実に得する方法を紹介

 

このページは、私の友達が車の査定買取で実際に高く車を売ることが出来た方法を、友達の文章で詳しくご紹介させて頂いたものです。

 

ほぼ原文で紹介いたします。

 

友達の体験談

 

このページで紹介している内容は総て事実です。

 

一切の脚色はないので是非あなたの車を高く査定して頂くための参考にして頂ければと思います。

 

尚 当ページで紹介しました方法は、時期・状況により異なった結果になる場合も十分考えられます事をご理解ください。

 

最終的なご判断は、自己責任でお願いします。

 

当時の状況から、その時の様子や、もっとこうしたら良かったなどもご紹介しています。

 

 

今回使用した方法は、数社の車の査定買取会社を競わせて高く買ってもらう方法です。

車の買取査定業者からの連絡を待つまえにする事

 

最初にすることは、あなたの車を査定してもらう日をいつにしたら良いか具体的に決めることから始まります。

 

例えばこの日に会社休んで良いかなとか、奥様が対応するのならこの日が良いかとかなど、またもし付き添いの人がいるのならちょうど都合の合う日はいつかなど具体的な日にちと時間を決めましょう!

 

付き添いの人を頼めるのならお願いした方が良いと思います。

 

具体的理由は、後で述べますね!

 

車を査定する業者との予定は、詳細にされたほうがいいと思います!

 

設定する時間帯もきっちり予定を立てた方が良いですね!

 

もし一日ガチガチに車の査定買取業者と立ち会うつもりでいるのなら1社2時間の余裕を持ちましょう!

 

だいたいその位の時間は、査定買取業者との立会いで必要です。

 

逆にそれ以上ないと厳しいですね。

 

 

車の査定買取のために立ち会った予定表です。

 

 第一立会い日   水曜日   
 第二立会い日   木曜日

 

     午前    10:00 立会い ○○社
           12:00 **お昼ごはん**
     午後    14:00 立会い ○○社
           16:00 立会い ○○社
           18:00 立会い ○○社

 

 

って感じです。 

 

2日間に分けました。

 

これだけ一社との間に余裕があれば業者同士でかち合う事もないのですし、交渉時間もしっかりあり問題なかったです。

 

また夜の時間帯は、多分頼めば出来ると思います。

 

私も車の査定買取業者から夜でも良いですよって言われましたから・・・

 

すべての会社が対応してくれるかはわかりませんが・・・

 

あと一日4社の車の査定買取業者と立会いは、かなり大変だと考えてください。

 

なぜなら一回の立会いは、1時間近くやります。

 

その間、外でず〜と立ちっぱなしですから・・・

 

結構体力いります。

 

でも疲れたら車の中で待っていても良いと思います。

 

その辺は臨機応変にお願いします。

 

なのでそのへんを考慮して無理のない立会いにした方が良いです。

 

女性だったら一日3社やると足がパンパンになるかもしれませんよ。

 

それでは、次に査定での交渉を有利に進めるためにこんな事気をつけると良いですよったお話をさせて頂きます。

 

意外なことなので面白いと思います。

 

査定買取業者と有利にするためにこんなことも考えました。

 

買取査定は、天気も味方につけよう!

 

あと考えて頂きたい事があります。

 

それは、立会い日のお天気です。

 

忘れがちですが予定表を作成る前に必ずチエックしましょう!

 

私のおすすめは、曇りか小雨ですね! 

 

なぜかと言いますと、晴れだと車の状態がハッキリします!

 

表面の輝きの良し悪しや、普段目に付かないような小さなキズなどハッキリします。

 

つまりボディーに自信がない車の輝きだったら、表面の映り込みが晴れの日だとハッキリしますので避けるのが無難だと思います。

 

例えば曇りだとそのへんは、少し軽減すると思ったのです。

 

別にずるするわけでないと思うので、天気など周りの環境は、高価買取の査定のために味方に出来れば最高だと思いますね。

 

査定を有利にするためこんなきわどい事!

 

あともし買取査定の立会いだけを考えるなら、もしかして雨の方が良いのかも知れません。

 

ただ査定員である買取査定業者も大変ですから多少可哀想な気もしますね・・・・

 

晴れの場合は、下回りのチエックは、殆どの買取査定業者は見ていました。

 

もし雨の状況で査定をした場合ですが、晴れと同じように車の脇で寝っ転がって見るでしょうか?

 

・・・見るにしても、晴れた状態でしっかりしたチェックは、おざなりになり易いかと思います。

 

私は、実際に雨での査定経験はないのでなんとも言えませんし、進んで雨の日にお願いしたいとも思っていませんでした。

 

そして晴れた状態だとボディーの映り込みがハッキリします。

 

例えば、コンパウンド入のワックスで常時磨いていると輝きが失せてしまいます。

 

そんな中で晴れの日だと目立ってしまってなんて考えるのなら曇りもありだと思いますが、多分それ程大きな効果は、期待できないと思います。

 

やっぱり コンパウンドで色あせた車の輝きなどは、天候に限らずハッキリすると思います。

 

逆にボディーの輝きに自信があるのなら あえて晴れの日を選んで望んでみるのも良いと思います。

 

車の状態をみて色々演出を考えてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに もし雨の日に査定をする羽目になっても車の買取査定員がチエックしてる最中あなたは、いっしょに外で傘さして待っていなくても車の中で待って入れば、なんら困る事はないでしょう。

 

でもさすがに雨が沢山振っていたら車の査定員には、気の毒に思いますね。

 

お断りしたいのですが 私の場合は、曇りの日でした。

 

でも天候って自身の思いどうりに動く訳でもないですし、天気予報も外れる事も多々あります。

 

参考程度にお考えくださいね! 

 

車の査定の買取サイトへ送信後に起こること

 

車の買取サイトへ送信後に査定会社から電話が・・

 

車の査定の買取サイトへ送信後に来たびっくりしたこと

 

それは、車の査定をするための立会い予定日を設定したとして、その後のお話になります。

 

このサイトでもご紹介していますが車の査定買取サイトから必要事項を記載して送信すると結構びっくりすることが起きます。

 

それは、10分位したらもう 電話が掛かってきます。

 

いくらなんでも早って思いますね・・・私が送信したのって確か夜の20時過ぎでしたから。

 

その間 パソコンの前で車の査定買取会社のスタッフは、待っていたのでしょうか?^^;

 

・・・あまりの早さにびっくりです。

 

その理由も追々お話させて頂きます。

 

実は後で知った事ですが理由があるのです。

 

車の買取のための依頼が次から次へと・・

 

多分続けさまに電話が数社から来ると思います。

 

多分買取買取会社も待っているのでしょうね・・・

 

矢継ぎ早に電話が掛ります。 

 

もう 予定表とか出来ていると思うのでその予定表通り割り振って行きます。

 

ちなみに憶測ですが多分車の査定スタッフは、買取会社の社員と委託された人と分かれているように思いました。 

 

つまり社員と委託された非正規社員って感じです。 

 

どちらもしっかりした対応をしてくれますが、私の印象では、社員の方が少し買取に対して慎重だなと思いました。

 

余談ですがどの様に見分けるかに付いてですが、社員の方が若い人が多いようです。

 

また服装がスーツで”バリッ”としている方が社員。

 

結構だら〜ってしている方が委託って感じを受けました。

 

あと車の中がかなりダラシない雰囲気を委託の人から受けました。

 

これは、査定員が自分の会社にお伺いの電話をしている時の様子で社員か委託かわかります。

 

その時 社員は、概ね若くてスーツを来ている人が多かったです。

 

多分委託の人は、歩合になっているためかなと推測します。

 

立会い予定日は、作成した予定日に合わせてある程度こちらがゴリ押ししても良いと思いますね・・・

 

私の場合は、こちらの都合で殆ど合わせて頂きました。

 

車 査定 ポイントについて

 

 買取業者の利用方法にも買取額が変わってくる?

 

車 査定 ポイントですが、前回のページでも紹介しましたが、貴方が売った車をどうするかによって買取査定額もちがってくるようです。

 

実は、貴方の車を買取業者が買った後には、こんな事になります。

 

ネットオークションでさらに転売
購入したお店で売る
海外に送る

 

 

上記以外にも使用方法があると思いますが 私が直接車の査定業者とお話した時におしえてくれました。

 

このことから車の査定を上げるポイントとしてこんな事が言えると思います。

 

海外に持っていくに際しては、正直どの程度までの車を欲しがっているのかわかりません。

 

ネットでのオークションに出品する場合は、自動車を見る場所なども決まっているようです。

 

また 査定金額もある程度相場が決まっているようです。

 

自社で売る会社が高く買ってくれた

 

購入したお店で売る時、実はこれが一番狙い目かなと思います。

 

つまり車の査定ポイントですね!

 

ある程度状態の良い車で見えも良い場合、お店で売りたいので買いたいと言ってくる時があります。

 

実は、この時お店で売りたいと言った業者が私の場合、一番高値をだしてくれました。

 

正直ネットで転売する目的の業者は、それ程大きな開きが無かった様に思います。

 

この辺は、重要ポイントだと思います。

 

実際私は、そちらで購入したらこの車どうするのですか?って色々聞きましたから・・・^^

 

この辺のポイントをしっかりおさえて商談してみてください。

 

しかし上記のことは、たまたまと考える事もできるかも知れません。

 

ケースバイケースによるところもあると思うので、総てでないと思いますが、高く売る要因の一つとして考慮しても良いかと思います。

 

だから買取業者との接触は、出来るだけ多い方が良い理由がここにあります。 

 

車 査定 高額狙う第一歩について

車の査定は、色や車の種類も関係する?

 

車査定で高額を狙うために参考にしてみてください。

 

これは、車の査定業者に直接聞いたお話です。

 

また一人の業者だけでなく多数の業者から確認しました。

 

車は、軽自動車が高額で取る傾向があるそうです。

 

実は、過去に私も軽自動車を売った事があるのですが、びっくりするほど高額で買い取ってくれました。

 

なので軽自動車を売る予定の方は、少し強気でも良いのかなと思います。

 

あと車の色ですが、軽自動車に限らずですが黒だそうです。 

 

黒の色の車は、査定でも高額で査定してくれる傾向にあるとのことでした。

 

私も黒?って思ったのですが、黒色は、査定で高額の傾向にあるようです。

 

面白いですね!

 

該当する持ち主の方は、参考してみてください。

車の買取会社からすぐ電話がかかる理由

 

さ〜これから高額査定を目指してのお話です。

 

実は、車の査定で一番重要なのが最初の面談です。

 

これが一番重要です。

 

前回のお話でネットで送信後すぐ電話が掛かってきたお話しましたよね?

 

そこでそれには、理由があるとお話しました。

 

その理由ですが、最初の商談で殆ど決まる可能性があるそうです。

 

これは、直接車の買取査定業者の営業マンからお聞きしました。 

 

多数の買取会社とアポを取っているにも関わらずです・・・よ・・・

 

だから最初のアポイントと取り付けるために電話が早くなるのです。

 

多分複数の会社で競っているのだと思います。

 

しっかり 理由があるわけですね・・・^^:

 

 

車査定で立会いの前にしておきたい事? 事前調査!について

車の相場は、事前に理解しておこう!

 

それでは、アポイントをとりました。

 

そこで次に車の査定の立会い前にしておきたいことがあります。

 

それは、貴方が売る車の価値を事前に調べておくことです。 

 

なぜなら 相場もわからず立会いをすると車の査定員から提示された金額が妥当かどうかわからず契約してしまうことがあるからです。

 

特に最初の車の査定の立会いは、事前調査なしでやると査定員の言いなりになってしまう可能性もあるので是非調べておきたいです。

 

そこでどのように調べるか?

 

このサイトでもご紹介していますが、ネットで一括査定の見積もり依頼をした後、メール若しくは、電話であなたの車のおおよその買取金額を教えて頂けます。

 

立会いで重要なメモをメモを残そう

 

上記で調べた買取相場金額をメモして立会いに挑んで頂きたいと思います。

 

また立ち会い時はメモも是非用意してください。 

 

聞く項目も 事前に書いて用意すると当日まごつかないで良いと思います。

 

こんな事を聞くと後の助かると思います。

  • 立ち会い日時と何番目に立ち会ったか
  • 査定員の名前、特徴、携帯番号
  • 事前に調べた車の相場金額
  • 査定員から言われた車の買取金額
  • 買取の支払は、どのような方法で支払われるのか?
  • 買取の支払は、いつ支払われるのか?
  • その他気がついたこと

 

あと、もしあるなら売ろうとしている車を購入した時の見積書があると最高です。

 

じつは、私の場合ですが、このお車大体この値段で購入されたのですよね?と言われたのですが、それよりも高かったのです。

 

また色々なオプションも付けましたので、査定員の把握金額より高かったのです。

 

実際査定員も総てを把握している訳でないので、証明する意味でも当時の見積もりがあると良いなと後から思いました。

 

これらの事を事前に記載、若しくは、聞いて記載すると後に大変助かります。

 

更に査定士の携帯番号を聞いておかれたほうが良いですね。

 

理由は、複数の会社と立会いをお考えなら、その場で即答しないで保留する可能性もあります。

 

ですから 後でまた連絡するために携帯の電話番号が必要になります。

 

また査定員の特徴も複数の会社と立ち会うとだんだんごっちゃになって忘れてしまうのです。

 

その予防もあります。

 

車の買取業者により対応もちがいが・・・

 

さらに買取の支払方法や支払時期もしっかり契約が決まる前に聞いておきましょう! 

 

買取会社によりマチマチで私も驚いたのですが、支払方法もちがい、また、お金が渡される時期も違いがありました。

 

概ね多かったのが銀行への送金と車を引き取った翌日に送金が多かったようです。

 

こんな事も売買会社を決めるひとつの要因とも言えると思います。

 

後で支払が遅かったり、いい加減であれば困るのはあなたですから是非上記の事はメモされることをおすすめします。

 

車の査定前に綺麗にお掃除!について

車を査定する前に重要な事!

 

それは、車のお掃除です。

 

多分面倒とかどうせ売るんだから良いじゃ〜ん・・

 

なんて聞こえてきそうですが、少しでも高く売りたいのなら是非される事をおすすめします。

 

今までお世話になった車に最後の感謝の気持ちで洗車してあげましょう!

 

実際車の査定員は、車の程度などといっしょに車が大切に乗られているかなどしっかりチェックします。

 

私自身も査定前に車の掃除をしっかりしましのでかなり高い評価を頂きました。

 

査定員の方にも凄く綺麗にされているのですね!

 

と言われた位ですからご理解頂けると思います。

 

それでは、車の査定に重要なお掃除ポイントをご紹介します。

 

まず外観がとっても重要なのでしっかり外見を磨きましょう! 

 

出来るならワックスも付けて磨かれていれば最高ですが、とにかく洗車だけでもおすすめします。

 

洗車時のポイントですが、タイヤ回りも綺麗にしましょう!

 

タイヤ回りは、タイヤの溝もチェックが入るので綺麗にする方が無難です。

 

あと忘れ勝ちですが、下回りもしっかりやりましょう! 

 

査定時に殆どチェックされていました。

 

泥がいっぱいこびりついているならしっかり落とした方が無難だと思います。

 

社内の中の清掃は、念入りにしたいですね。

 

忘れてならないのがトランクルームです。 

 

結構しっかりみていました。

 

出来るなら車内も掃除機をかけた方が良いですね・・・

 

可能なら是非おすすめします。

 

援軍を頼んでみる!について

 車査定立会いの前にあともう一つ出来るならした方が良い事!

 

これは、絶対じゃないですし一人だと心細い方におすすめです。

 

特に営業マンとの交渉で一人で挑むのが心配な方向けです。

 

それは、援軍を頼むと良いなと思います。

 

クドいですが絶対必要って訳じゃないです。

 

なぜ援軍がいるかと良いかと言いますと、査定員は私の場合殆ど男性でした。

 

さらに結構強引な人もいました。

 

愛車を出来るだけ高く買ってもらうため色々と値踏み交渉が必要です。

 

え〜面倒なんて思うかも知れませんが、値踏みでの交渉で頑張れば10万単位で買取金額が変わってきます。

 

その時、なれない人間が一人で交渉するより隣でいっしょに”もっと高く〜”みたいなこと言われたら相手の営業マンもタジタジになりますし、なにより精神的に凄く楽だと思います。

 

例えば車の査定の立会いで主婦の方が一人で挑むのだったらお姑さんとかおじいちゃんとか息子さんとかご近所のお友達なんか最高だと思います。

 

正直に言いいますが、私は、ある職種の営業マンです。 

 

いきなり主婦が二人でガンガン言われたらタジタジですね^^;

 

多分逃げ腰になりますね・・・

 

だからこれとても良いと思いますよ!

 

またご主人だったら奥さんとかおじいちゃんかおばあちゃんお友達なんか最高だと思います。

 

また精神的に楽になるのならペットでも良いと思いますよ! 

 

要は、貴方が落ち着いて交渉しやすい環境にあればなんでも良いと思います。

 

私は、一人で交渉したのですが、それは、私自身がもともと仕事がら営業マンだったので、かなり突っ込んでお話できましたが、あまり交渉事が慣れていない人がやったらどうなんだろう?って思ったのです。

 

特に査定員は、車の事を良く知っています。 

 

向こうもこの値段で決めたい時は、結構強引にくる時があります。

 

その時援軍の人がいたらかなり精神的に楽だろうなとおもいました。

 

別に援軍の方になにもしてくれなくても、ただ隣にいるだけでも心強いなと思います。

 

出来れば友達どうしなら味方になってね!の一言であれば助けてくれると思いますよ!

 

だからと言って援軍がいなければダメとか言うのでなく、臆する必要はないのですがあまり交渉事が好きでない人もいる事も事実だと思います。

 

可能なら考えてみてください。

 

車の査定立会いの前に私からお話したいことについて

最初の立会いが重要な意味!

 

前回車の立会いで最初の立会いが契約率が高い事をお話しました。

 

だから車の買取査定員もその事を理解して頑張ってきます。

 

ここでなぜ最初だと契約商談率(車を買い取ってもらう事を双方で合意し契約すること)が高くなるのでしょうか? 

 

これは私の憶測ですが、事前に車の査定相場を知らずに挑んでしまい自分の予想した金額より多く若しくは、査定員にこのぐらいが世間相場ですよ!

 

なんて言われてしまいその気になってしまうことなのかなと思うのです。

 

実際 私も最初の立会いの時、車の査定員に提示金額を出された時に、提示した車の買取金額は、この場で契約してくれたらこの金額でお受けします。

 

しかしここで契約していただけないのならこの金額では、お受けできませんよ!って言われました。

 

つまり相場の車買取金額がわからないでいると相手のくるま買取業者に良いようにされる可能性もあるわけです。

 

だってそうですよね! 今契約しないとこの金額でお引き受け出来ません!

 

なんて明らかにおかしいです。

 

こんな形で契約者の不安を煽っているのです!

 

だから立ち会う前に必ず買取相場を知る必要があるのです。

 

査定員の目的は、出来れば安く車を購入したい。

 

でもここで一つ私が車の買取の調査員と話したとき以下の様に言われました。

 

 ”ネットで申し込みをされた時の買取査定額が少し多く提示されているのです。

 

だから同じワケにはいきませんよ”って

 

でも結局私が買い取ってもらった金額はその金額よりかなり上の金額で買い取って頂きました。

 

だからもしあなたが車の立会いで同じような事を言われてもあまりそのまま鵜呑みにする必要はないと思います。

 

例えば、全く調べもしないで立ち会ってしまい、自分の車は取り敢えず買い取ってもらえるだけ感謝!

 

どうせポンコツだから・・・

 

と思ってしまう人も多いと思います。

 

だから予想より高く買取金額を提示されて有頂天になって契約してしまうのだと思います。

 

これもやはり事前のチエックで回避できる訳ですからしっかり事前のチェックは必要です。

 

車の査定立会い!査定の流れについて

 さぁ車の査定の立会い日になりました。

 

事前の相場チェックとメモのご用意をして頂けたと思います。

 

査定の流れです。

 

査定会社の営業マンと挨拶し名刺を頂き車を見ます。

 

その間立会いのあなたは、その場でみている感じです。

 

もしかしたらその場にいなくても良いと言われるかも知れません。

 

でも私は心配なので見ていましたが・・・

 

それで前回お話しましたお掃除をおすすめした箇所は、ほどんどチェックされます。

 

チェック時間は、だいたい20分位だと思います。

 

その後査定員は、会社に電話を入れて車の状態など携帯で電話します。

 

もしかしてその前に希望の売りたい金額を聞いてくるかも知れません。

 

そしてそれから値踏みの交渉です。

 

あなたの希望金額と査定員の弾きだした金額で擦り寄りが始まります。

 

ここでお互い合意できれば 契約となります。

 

希望に合わない場合は、決裂です。

 

その間約一時間は、掛かりました。

 

一時間を超える時も何度かありましたね!

 

合意を得る為に査定員も何度かお伺いの電話を会社にします。

 

それでOKの場合始めて契約になるわけです。

 

時系列で流れを見てみましょう!

 

  1. 査定員と挨拶
  2. 車のチエック 20分位 会社によりまちまち
  3. 値踏み交渉
  4. 結果 契約or決裂

 

以上です。

 

最初の立会いが重要な意味について

最初の面談で気をつけたいこと

 

前回最初の立会いが肝心とお話させて頂きました。 

 

なので最初にくる査定会社の営業マンもかなり気合を入れてくると思われます。 

 

実際私もそうでした。

 

ちょっと大げさかも知れませんが 明らかに商談を成立させるぞ!って意思がみなぎっているようで押しもかなりありました。

 

その理由は、既にお話しましたが、最初の商談で殆ど契約が決まる率が高い事です。

 

これは、凄く重要なことだと思います。

 

再度もう一度クドいですが、最初に決まる理由を考えてみたいと思います。

 

とにかく初回の立会いで他社を出し抜いて一番になりたい訳です。

 

だからネットで送信した後すぐ車の査定買取会社からどんどん電話が掛かってくる理由と思います。

 

なぜ最初の立会いで契約の商談が決まる確率が高くなるのでしょうか?  

 

最初の面談だと車の買取相場など知らないで立会いをした場合、査定員の話で思ったより高く見積もってもらったり、査定員の話も上手くこの場で契約してくれたらこの金額で車を買取ますよ!

 

って迫られたら焦ってしまう可能性が高いと思います。 

 

最初の面談での対策

 

そこで 私達もこんな対策が考えられます。

 

  • 最初の立会いは、始めてってじゃないと嘘を付き、何回か面談を受けた顔をしてベテラン顔で立会いする。
  • 始めてとか複数回こなしたと言わないで黙って聞いている・・・
  • 今回がはじめてと正直に話す。

 

では,今回がはじめての立会いと言ってなにか不都合なことがあるのか? 

 

それは、上記で説明した感じで迫ってくるものと考えられます。

 

私の場合の対策!

 

その対策ですが、もしこの場で決めてくれ!と催促されたら私の場合は、"今決める事が出来ない!なぜなら妻も同じ様に車を売る為に動いており、妻も独自で交渉中です。

 

その妻と相談しないと2重契約になる可能性もあるからダメ!”

 

と言いました。

 

これは、かなり効いたみたいです。 

 

相手も2重契約って言われたら嫌ですからね。

 

でも査定員から「じゃ〜電話して確認してみてください!」って言われたので、「妻は、仕事中で電話に出る事が出来ない」って言ったらシブシブ理解してくれました。 

 

それで結局夕方に私の方から返事をすることで何とか了解頂きました。

 

結局今契約しないとこの金額じゃ受けれませんよ!

 

って相手の営業マンの虚言だったってことです。

 

こちらが それに動じる必要は、一切ありません。

 

逆にそんな営業マンは、こちらが利用してやりましょう!^^

 

最初の立会いについて・・・

 総ての車の査定後にわかったこと

 

後でわかった事ですが、確かに最初の提示金額は、総ての業者から提示された金額に比べ2番目に高額でした。

 

なので、ここで契約を持ち込むずぞと車の査定員もそれなりに頑張った金額を提示してくれているのかも知れません。

 

でも2番目でした。

 

ちなみに 1番目と2番目の車の査定金額の差は、7万円でした。 

 

これは、凄く大きいと思います。

 

なので、出来るなら最初の立会いでの提示をその場で決めるより保留して他の会社の話も聞いた後でも遅くないと思います。

 

あと各社査定員の人が良く言う言葉が査定提示金額は、どこも多分一緒ですよ!って言ってました。

 

でも 全然ちがいました。^^;

 

なので高く車を売る方法の最大のポイントは、やはり多くの車の買取会社と立会いをすることかも知れません。

私が考える最初の立会いのおすすめ方法です。

 

最初に車の査定員に最初の立会いと知られても良いので、提示された金額を出来るだけ即決しないで保留し、こちらから電話するので待つ様にしてもらうのが一番最良の方法だと思います。

 

なのでここで 査定員の携帯電話をしっかりメモした方が後で助かります。

 

また 私と同じ様に”ここで決めてください”と言ってくる可能性は、十分あると思うので私の様にどうやって保留に持ち込むか・・・を事前に考えていた方が良いと思います。

 

車の立会い時 私は、買取金額UPにこう言いました。

 査定の人間が変わると対応も変わる?

 

こんな感じで次々と車の査定の立会いをしていきます。

 

各社色々な担当者と立ち会うと面白い事に気がつきました。 

 

買取会社の社風なのでしょうか?

 

それとも人間性なのでしょうか? 

 

買う気のない車の査定員とか 色々な人いましたね^^;

 

例えば スーツを汚したくないからでしょうか? 

 

下回りは、極力チェックしない人もいました。

 

結構チェックを端折ってしまうひともいましたね!

 

車の買取希望金額の申告!

 

色々な車の査定員とお話していると希望金額を聞いてきます。

 

最初の相場金額が分からなければ別ですが、もしある程度分かるようならその時は、遠慮なく堂々と相場より高く言っても問題ないと思います。

 

実際私もかなり高く言いました。

 

私の時の立会いで一番高く見積もってもらった時の会話です。

 

この時 数社の見積もりの時に一番高く見積もりをもらいましたのでさらに高く上げさせる交渉時の時です。

 

 

 

 

 

(査定員)ご希望金額は、ありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

(私) ●●万でお願いします。(もう既に何件か見積もりをだしてもらっているので だいたい最大リミットは、わかりましたのでそれから20万UPで言いました。 

 

 

 

 

 

 

 

(査定員)う〜ン その金額じゃかなり厳しいですね・・・ちょつと会社に電話して聞いてみましょう・・・・・査定員が会社と相談中・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(査定員)電話をしながら・・この●●円の金額でどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(私)う〜ん(考えている雰囲気をだしながら)

 

 

 

 

 

 

 

(私)どうでしょう・・・もしこの金額でそちらが飲んでくれたら この場でサインしましょう!

 

そして次も約束していますがキャンセルしても構いません。
いかがですか?と振りました。

 

 

 

この言葉がかなり効いた?

 

ここで査定員は、会社と数回携帯で交渉してOKになりました。

 

じつは、この会話でお分かりと思いますが、私は査定員が使うここで”決めたら決めて頂けたらこの金額で買取ますよ”って言う査定員の殺し文句を逆に私が使いました。

 

”もしこの金額でそちらが飲んでくれたらこの場でサインしましょう!”

 

これ結構効果あったようです・・・

 

状況にもよるとおもいますがそれを言った後動揺して査定員が会社と数回交渉してくれましたから・・・^^;

 

査定員が効果があってお客様に使う言葉は、逆に私達が査定員にも効果があるみたいです。

 

最終兵器として使ってみてくださいね!

 

 

※この殺し文句は、最終兵器とお考えください。なぜならそれを相手が飲んだら次がないですから・・・複数の会社と面談してその雰囲気を掴んでこれ以上中々上がらないなと踏んだらこの方法も良いと思います。

 

あとお分かりかと思いますが、かなり高く見積もってもらったからと言ってすぐ飛びつくのでなく、更に高く希望金額を言いう事で更に高く買い取ってもらいました。

 

私の考えですが、最初から高く出してくれる所は、私の車に興味を持ってくれている・・

 

若しくは、ある程度予算がある会社だなと思いました。

 

だったらさらにUPしてもらった方が良いと思うのです。

 

もしここで 援軍の方が隣に入れば、その方に煽ってもらえばかなり心強いと思いますよ!

 

無言攻撃!

 

あと査定員に対する私達の有利にすすめるポイントですが、時々無言で黙ってみてください。 

 

これやられるとなれていない営業マンだったら自分からすぐに色々と言ってきますから・・・

 

私も職種は、ちがいますが営業マンです。

 

無言って営業マン結構辛いのですよね^^;

 

車の査定で気がついた事あれこれについて

 車の査定って結構疲れます

 

立会いって思ったより疲れますね・・・^^:  

 

例えば、炎天下で立会いとか雨とかだと大変だと思います。

 

基本的に査定員が車を見ている時は、絶対一緒にいる必要がある様には見受けられなかったので、もし立会い時に疲れたり気分が悪くなったら家の中で休んでいても問題ないと思います。

 

終わったら声掛けてください・・で良いと思います。

 

で、やはり数回立会いをこなしていると値段にばらつきが出てきます。 

 

積極的に車を買いたい会社・あまり積極的じゃない会社など様々です。 

 

これは、一つに査定員にもよるみたいですし、車を購入した後の目的にもよるところが大きと思います。

 

面白かったのは、ある査定員は、最初からこの金額じゃ無理ですよね

 

・・・と完全にあきらめムードの会社もありました。

 

最初から他社に負けてます

 

・・・って態度・言い方なんですよね

 

・・・これを考えるとやっぱり買取会社を競わせてやらないと、もしあきらめムードの会社だけしか査定をしていなかったら

 

・・完全に安く売ってしまうことになりますね。

 

あと下回りも詳しく調べる行為は、面倒なのか調べるのもそこそこいい加減なところもありました。

 

でもほとんどは、熱心にしっかり調べていましたね・・・

 

査定員は、殆ど最終判断は、人任せ

 

査定員と言えどやはり最終的な判断は、携帯で査定員が上司に電話してお伺いを立ててました。

 

それをみると完全な決定権がないように思えます。

 

だから話が大詰めになると一々携帯でお伺いを立てていました。

 

でもやはり査定員に印象の良い車は、かなり押してくれていました。

 

見た目の印象って大きな要素と言えます。

 

その意味でもきれいに磨いてあげたり室内を清潔にすることは、印象を良くする最善の方法だと思います。

 

車の査定での立会い時やってはイケナイないことについて

 

嘘の申告は、自分が一番キズつきます!

 

嘘はダメ! 

 

これは、とても重要ですので必ず覚えておいてください。

 

立ち会い時に必ず 事故の有無を聞かれます。

 

その時あったにも関わらずないと嘘の申告は、やめた方が良いです。

 

もし契約が決まって車を査定員が持ち帰るとその車を検査するのでわかります。

 

また検査する人間もそれなりの人間なので、いい加減な事を言うとあとで後悔することになります。

 

これは車をどの目的で買い取るにしてもしっかり検査をするようです。 
(転売・お店で売る・ネットオークション)

 

私の場合でしたが契約が決まり車の売買契約書サインするのですが、それに虚偽の項目もあり、これを犯すことに対する項目もありました。

 

つまりもし嘘の申告をして売買契約書にサインした場合、犯罪になる可能性もあるわけでいい加減な対応が自分の首を絞めることになります。

 

また立会い時に軽く嘘をついて、後で売買契約書のサインをするときに記載されている内容に改めて深刻な内容だと理解してホントは、事故ありました・・・なんてするとカッコ悪いですよ〜

 

すべてのキズや凹み 破損は、事故として扱われる訳でない!

 

私の場合は、多少のキズや破れ凹みなどもしっかり申告し、どの様な状況でこのキズ・破れなどが発生したかを話しました。

その状況だったら問題ないですと言われました。

 

向こうも売る事を目的としているので、総ての凹みなどや破れを事故扱いにするわけでないので、それほど大きく問題ととして取り上げませんでした。

 

更にそれにより車の査定金額が著しく下がるようでもないようです。

 

ですので隠したり嘘の申告は、逆に無駄だと言うことになると思います。

 

車の引き取りについてについて

手続き後の引き取りは出来るだけ早い方が良い!

 

多く立会いをする中で車の査定で高く算出してくれる会社が2〜3出ると思います。

 

そして 最終的にどちらか決めて売買契約書にサインすることになると思うのですが、車の引き取りは、出来るだけ早い方が良いと思います。

 

売買が決まったとしてもまだ使いたいなんて事があると思いますが、もう車の売却が決まり契約書が成立すると他人の物になるわけです。

 

まして事故や誰かに破損させられた場合さらに車の価値が下がる可能性もあります。

 

私の場合欲かいて少し引き取りに期間があったのですが、後で悶々としていました。 

 

折角高く査定できたのになんかあったら嫌だな〜って

 

正直駐車場に置いておくだけでも誰かにいたずらされる可能性ってあるものですよね・・・

 

それと車の引き取りですが、基本的に買取業者の方から取りに来てもらえます。

 

ワザワザ自分から持ち込む必要はありませんでした。

 

買取であなたに支払われるお金も時期・方法は翌日支払の銀行振込が多いと思いますが、前回紹介したように買取会社により異なるケースもあるようです。

 

この辺は、お話してた様に査定時にしっかりメモしておき再度確認されてつまらないトラブルを避けましょう!

 

引き取り後に車の買取会社からこんな連絡ありました。

 

あと面白かったことですが、車が引き取られ1ヶ月してから車の新たなご主人が決まりましたと通知がきました。

詳しくは、記載されていませんが何県の方がお乗りになっています。

 

と連絡があり、なんか寂しいようなうれしいような複雑な気持ちでした。

 

でも、このように連絡されとすこしホットしますね!

 

このサービスは、すべての買取業者がやって頂けるのかどうかは不明です。

 

車の引き取り後の保険の対処方法について

 

 車を引き取られても自賠保険と任意保険が付いていると思います。

 

この辺のお話をさせて頂きます。 

 

 

自賠責保険ついて

 

まず自賠責保険(強制保険)ですが、以下に紹介する買取サービスをしている会社でしたら名義の変更もしてもらえるようです。

 

ですので自身で変更手続き等はしなくて問題ないようです。 
(一応最後に確認してみてください)

 

自動車任意保険について

 

自動車の買取後など任意保険は、そのまま残ります。 

 

そのため手続きは各々済ませなくてはなりません。

 

方法は、まず今後も車を乗るか乗らないかにより対処方法も変わってきます。

 

例えば 今乗らないけど数年したらまた乗りたいとか、半年したら乗りたいとお考えでしたら現在加入している自動車保険会社に”中断証明”の発行依頼をしましょう!

 

これは、中断日から10年以内だったら(条件による)中断証明書があれば今までの割引がそのまま引き継がれて車を乗ることが出来るシステムです。

 

大変お得なシステムですので忘らず手続きを済ませましょう!

 

手続き方法は現在加入している保険会社若しくは、保険代理店に中断証明の発行を依頼すればOKです。

 

必要なホームに記載すれば約2週間位したら中断証明が送付されます。

 

紛失しないで大事に保管し、次の車を乗るときまでしっかり保管しておきましょう!

 

任意保険ですぐ新しい車を乗り換える場合は、車の入れ替え作業をします。

 

これも現在加入中の自動車保険の会社若しくは、保険代理店に連絡し車の入れ替えをお話すれば簡単な書類手続きでおわります。

 

ただもし次回の車の車種やグレードの状況により追加の保険料が発生する場合もあります。

 

また車の入れ替え時に保険の補償を変えてしまったりすると同じ様に追加の保険料が発生する可能性もありますのでご注意ください。

 

あとよくあるのが、次の車が半年までいかないけど今すぐ乗らない・・・

 

なんてあると思いますが、それは、状況にもより変わってくるので現在加入中の保険の代理店に相談してみてください。

 

多分どうすれば保険料をお得にすることが出来るか相談に乗って頂けると思います。

 

自動車税について

 

最後に自動車税ですが、4月までに総ての手続きが終われば良いですが、4月をまたいでいると税金の対象になる可能性もありもし、次の車をすぐ購入した場合、最悪2台の車の税金も払うハメになる可能性もあります。 

 

十分注意してください。

 

尚詳しい自動車税に関しては、再度ご自身で詳しく調べてみてください。

 

 

複数の車の買取査定会社紹介を頂けるサイト

 

以下は、一度登録するとあなたの指定した場所からお近くの車の買取査定査定を無料で行なって頂けるサイトです。

 

もし車の買取をお考えならこの様なサイトだと一回の登録で複数を紹介してもらえるのでとても楽です。

 

ご参考にしてみてください。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定
ご存知リクルートが運営している車の買取会社紹介サイトです。
殆どの方はご存知だと思うので今更の説明も必要ないかもしれませんね。
どこのサイトで紹介してもらうか迷っているのなら選んで間違いない会社だと思います。

 

 

 

かんたん車査定ガイド
取り合えず簡単で面倒な手続きが嫌な方に・・^^:
こちらは、最近話題になり始めた車の買取紹介サイトです。
特徴は、とにかく入力項目が簡易であるためタイピングが苦手な人向きと言えるかも知れません。
多分買取会社紹介サイトでは、私の知るところ一番簡単かも知れません。

 

 

 

ズバット車買取比較
最近ラジオなどの広告で聞かれる様になったのでご存知のかたもいらっしゃるかも知れません。
特徴は、200社以上の買取会社と契約しており最大8社を紹介してもらえるところにあります。
とにかく沢山の会社を紹介してもらいたい方向きかも知れません。

 

 

上記のサイトは、特色ある紹介サイトだと思います。

 

  • 自動車に強い運営会社!
  • 簡単入力で済ませる事が出来るサイト!
  • とにかく数を紹介してもらいたいと考えている方向けなどです。

 

 

 

東京日産自動車販売さんの取材で【車査定のポイント】を教えてもらいました。

 

参考にされて下さい。

 

 

これでこのページでお伝えしたいことは、一旦終わらせて頂きます。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

このページでは、始めて車を売る人でもわかり易く理解できる様に努力したつもりですが もし分りづらい表現・誤字脱字等がありましたらお許し頂ければ幸いです。

 

ありがとうございました。

page top