車売却手続きと流れ

車を売却する手続きの流れ

車を売却する手続きの流れを事前に知って高く売る

 

車を売却する流れとしては、大ざっぱに下記の通りとなります。

 

  1. 査定を依頼する
  2. どの業者に売るか決める
  3. 成約、売却額の支払い
  4. 名義変更

 

 

査定を依頼する

 

車の査定ディーラーに下取りに出すにしても、車買取専門業者に売却するにしても、まずは見積もりを依頼することになります。

 

業者ごとに査定額が変わってくるので、少しでも高額で査定してくれるところに買ってもらいたいものです。

 

車をより高く売却したい方は、無料で査定依頼のできるこのサービスを賢く利用するおことをおすすめします。

 

どの業者に売るか決める

 

個人売買、ディーラーに下取り、車買取専門業者、ネットオークション、などなど車の売却にもいろいろな方法があります。

 

なかでもおすすめなのが、オンラインの無料一括見積もりサイトです。

 

査定額を比較して、どの業者に売るのか決めましょう。

 

成約、売却額の支払い

 

車売却の成約買取業者と成約し、売却代金の支払いをしてもらいます。

 

車買取業者に売却する場合は、業者側が各種書類を全て準備してくれるので、売却する側は、それに署名、捺印をするだけなので簡単です。

 

しかし、個人売買やネットオークションを利用した場合には、業者がしてくれる手続きも全て自分でやることになります。

 

書類上の手続きもそうですが、実際の車のやり取り、代車の手配まで自分でやる必要が出てきます。

 

名義変更

 

名義変更には、さまざまな公的書類を公的機関に提出することになりますので、できるだけ早めに準備をして、不備のないようにしましょう。

 

車の名義変更書類に不備があると、結果的に売る時期が先に伸びてしまったり、自分の予定が変わるだけでなく、相手にも迷惑をかけてしまいます。

 

また、余計な労力と経費、交通費などの出費もかさんでしまいます。

 

そういったことを防ぐためにも、車の売却が決まったら、ひとつひとつ確実に書類を準備して、間違いのないように努めましょう。

 

車買取業者に車を売却すると、必要書類を全て業者側が作成してくれるので、あなたはその書類に署名、捺印すればよいだけです。

 

手続きが非常に簡単になります。

page top