自動車税を支払っていなければ車は売れませんか

 

自動車税を支払っていない場合の車の売却

 

 

実は、うっかりしていて自動車税を納期までに支払っていないのですが、この状態で車は売れるのでしょうか?

 

 

自動車税 

 

自動車税とは
毎年4月1日現在の自動車の保有者に対して課される税金で、普通自動車は都道府県税、軽自動車は市町村税になります。
又、税額は、自動車の種類(軽自動車・乗用車・トラック)と用途(自家用・業務用)・排気量等によって区分されています。

 

 

車を売却する際に必要な書類のひとつが、自動車税納税証明書(確認日付印の入ったもの)です。

 

これはあなたから買い取った買取専門店から次の購入者へ名義変更するために必要になります。

 

ですので、自動車税を滞納していると名義変更ができないため、売却することが不可能になります。

 

まずは、滞納分の納付が先決です。

 

納付先は

 

普通自動車は県税事務所

 

軽自動車は市町村役場

 

になります。

 

又、納付書を紛失した場合ですが、

 

自動車税を支払った後に紛失・・・

 

買取業者が再発行してくれるかもしれないので尋ねてみるか県税事務所へ再発行の依頼。

 

自動車税をまだ支払っていない・・・

 

納期は毎年5月末日になりますので、その時期を越えると納付書が無効になります。

 

ですので、6月以降は県税事務所に納付書の再発行を依頼OR直接事務所に支払う。

 

軽自動車の場合は市町村役場に納付書の再発行を依頼。

 

ただし、6月を過ぎると滞納税が付加される場合がありますので注意が必要です。

 

自動車税の還付金について

 

自動車に払う税金は還付される〜自動車税還付金とは?〜

 

自動車に払う税金には「自動車税」と「自動車重量税」の2種類があります。

 

自動車税とは自動車を所有している運転者に対して課せられる税金で、軽自動車なら軽自動車税となります。

 

自動車税の還付〜抹消(廃車)の場合〜

 

自動車を廃車にするには、登録や税金や保険などの手続きを同時に行わなければなりません。

 

ただスクラップにしただけでは、登録上は自動車を所有し続けていることになりますので、車検も税金も保険料も払い続けることになるのです。

 

自動車税の還付を受けるためには所有している自動車の抹消登録(廃車)が必要です。

 

自動車税の還付方法について

 

自動車税は、普通自動車でも軽自動車でも毎年4月に翌年の3月までの1年分をまとめて支払う義務があります。

 

そして、抹消登録をした時点で同時に還付の手続きも行われる仕組みになっています。

自動車税の還付手続き方法

 

自動車税とは、毎年4月1日の時点で自動車を所有している人へ課せられる「地方税」です。

 

そしてこの自動車税の還付には特別な申請手続きは必要ありません。

 

自動車の抹消登録をすれば同時に還付手続きが行われることになり、2ヶ月ほどで還付金の支払い通知書が送られてきます。

自動車税の還付に関する委任状とは?

 

自動車税の還付金は基本的に本人(納税義務者)に還付されるものですが、自動車を下取りや買取りに出した場合は、「自動車税還付委任状」を提出することで買取業者やディーラーなどの第三者が還付金を受け取ることができるようになります。

自動車買取における道税還付金とは?

 

自動車を買い取ってもらった場合、道税還付金は受け取れるのか?答えは「NO」です。

 

道税還付金に限らず、基本的には自動車を廃車にしない限り自動車税の還付はありません。

自動車税の還付はいつ行われるか

 

自動車の抹消登録が完了すれば同時に還付手続きも完了しますので、自動的に過払いである余剰分の自動車税が月割り計算されて返金(還付)されます。

 

自動車税は地方税になりますので、その車を主に置いている都道府県の自動車税事務所から還付されます。

 

 

自動車税の還付金について2

 

自動車税の還付 車を下取りに出したら

 

年度の途中で自動車を買い取ってもらったとき、自動車税はどうなるのかということがよく問題になります。

 

信頼できる買取り業者やディーラーであれば、買い取った自動車を中古車として店頭に並べる場合、買い手がつくまでは一時抹消登録をしますので自動車税の還付があります。

 

自動車税の還付に必要な書類

 

自動車税の還付を受けるには、一時抹消と永久抹消のどちらかに抹消登録しなければなりません。

 

そしてどちらの抹消登録であっても、手続きが完了した時点で自動的に自動車税の還付手続きも完了します。

 

抹消登録の際に提出する書類にはそれぞれ若干の違いがありますので、間違いがないように注意してください。

 

一時抹消登録に必要な書類は以下の通りです。

 

 

 

自動車税の還付について 車を売却した時

 

自動車を売却する際によく耳にするのが、自動車税の還付金にまつわるトラブルです。

 

最近では買取り専門業者もふえており、いくつもの業者に同時進行で査定してもらうこともできます。

 

しかし、自動車税の還付金について業者に確認している人は少ないのではないでしょうか。

 

自動車税の還付金と計算方法

 

自動車税の納付書は5月頃に送られてきて、4月から翌年3月までの1年分をまとめて支払わなければなりません。

 

したがって自動車を廃車にした場合は、その年の4月1日の時点でその自動車の所有者であり、自動車税を一括で支払った人が自動車税の還付金を受け取ることになります。

 

廃車をした場合の還付金のトラブル

 

自動車税の還付金にまつわるトラブルは、自動車を廃車にした場合にも見受けられます。

 

古い自動車はどこの業者に見積もりを出しても低い査定価格だったので、それならばいっそと新しい自動車を購入するディーラーに廃車にしてくれるよう手続きをお願いしたのです。

 

抹消後払ってしまった自動車税は戻るのか

 

現在自動車を所有していて新しい自動車に買い換えようとした時、現在所有している自動車の分としてすでに支払ってしまった1年分の自動車税はどうなるのでしょう。

 

返ってくるのでしょうか。

 

答えは「返ってきます」です。

 

車の使用を一時中断、還付されるお金は?

 

「自動車検査証返納届」という手続きは、自動車をしばらくの間は使いませんという名目の廃車方法で「一時使用中止」とも呼ばれています。

 

この手続きをしている間はナンバーを失うことになるため公道は走れませんが、また申請して手続きをすれば再び自動車を使うことができます。

page top