エスティマ

エスティマ 買取

エスティマの買取で1番高く買い取ってくれる業者の見つけ方

 

 

 

エスティマの買取で1番高く買い取ってくれる業者の見つけ方ですが、とても簡単な方法を教えますね。

 

車を最高値で売る唯一の方法とは、

 

無料一括見積もり査定をうまく活用することです。

 

車査定の無料一括見積もりというのは、ネットでカンタンに申し込みが出来ることと、
下取りに出すよりも高値で売れる期待が大きくなります。

 

誰もが知っているガリバー、アップル、BIGMOTOR等の買取会社も含めて、かなり沢山の買取業者さんに見積もりを出して貰えます。

 

有名どころも多数入っていますし、利用するのも安心です♪

 

特に高額査定が期待出来るランキングが発表されました!!

 

申し込みは、スマホで1分ぐらい、機械オンチの私でもカンタンに出来ましたよ♪

 

仕事のお昼休憩中、お弁当食べたあとにさらっと出来ましたよ。

車が最も高く売れるサイトを紹介 高額査定ゲット期待のランキングベスト3

 

今回ランキングした1位から3位までは、クチコミや評判も良かったです。

 

本気で、愛車の高額査定をゲットしたいなら、最低でも2サイト利用するのがベスト!

 

カーセンサー.net

信頼度・買取実績No1運営会社は、あのリクルート
車買取会社の中でも一番の老舗であり、知名度も高いカーセンサー。
運営会社が大手のリクルートで安心!!

 

ズバット車買取比較

登録査定会社数No.1!

 

200社もの中から最大10社の査定依頼が!!
キャンペーンも豊富にやっているのも魅力!

 

かんたん車査定ガイド

32秒で入力完了!概算の見積もり価格がすぐ分かる!
たった32秒で終わっちゃう入力項目の少なさ!
必要事項入力後すぐに概算の査定価格を見られるのはココだけです。

 

 

 

車種に限らず、下取りだった場合、これぐらいの相場ですよー!

 

というのがネットで簡単に分かります。

 

このサイトは、トヨタの公式サイトになるんですが、
トヨタ車以外の下取り参考価格も教えてくれるのでチェックしてみてください。

 

あくまで、参考ですが。

 

>> トヨタの下取り参考価格情報を調べてみる

 

車査定の前にチェック!!

とっても分かりやすくまとまっています。

 

どういったポイントが車の買取査定に影響するのか?

 

見積もり前にチェックして下さいね!!

 

参考

 

新車を販売する会社の場合も、どの業者も決算時期ということで、3月の販売には尽力するので、土日は数多くのお客様で手一杯になります。

 

中古車エスティマの専門業者もこの時期になると慌ただしくなります。

 

次の車を購入する販売店にて、愛車を下取りでお願いしておけば、名義変更といった余分な事務処理も割愛できて、心やすく新車を買うことが果たせるでしょう。

 

無料の出張買取は、車検が切れた古い車を業者に来てもらいたい場合にも最適です。

 

外出困難な人にもかなり重宝します。

 

不動車であっても移動の心配もなく買い取り業者に来てもらうことが可能です。

 

今日この頃は自宅まで出張してもらっての買い取り査定も、無料サービスになっている中古車ショップが多いので、面倒なく出張査定が出来ます。

 

納得できる金額が出された場合は、現場で契約交渉することももちろん構いません。

 

中古車買取業が大規模店なら、プライベートな情報を厳密に扱ってくれるでしょうし、電話はイヤだけど、メールならいい、といった設定にしておけば、それ専用のメールアドレスを新規作成して、登録することを試してみてはどうでしょう。

 

迷っているくらいなら、何はさておき、ネットの車買取査定サイトに、申込することを一番にお薦めしています。

 

良質な車買取一括サイトが豊富にありますから、まずは利用してみることをチャレンジしてみて下さい。

 

最有力なのは、中古車買取のオンライン一括査定サービスのかんたん車査定ガイドです。

 

この業者を駆使すれば、1分も経たないうちに多くの会社の出してきた見積もりを比較することができます。

 

そればかりか業界大手の店の見積もりが十分に用意されています。

 

車買取の現場を見ても、今日この頃ではインターネットの買取サイト等を駆使して、自宅にある車を売る時の役立つ情報を把握するのが、多数派になってきているのが現実です。

エスティマを下取りにだす最大のメリット

 

https://toyota.jp/estima/より転載

 

エスティマを下取りにだす最大のメリット エスティマを売るという時、ほとんどは新しい車に乗り換えることでしょう。

 

もし、ディーラーまたは中古車店で車を購入するなら、そこで下取りをしてもらうというケースが多いのではないでしょうか?

 

もちろん、新車または中古車の乗り換え時に、これまでのエスティマを引き上げてもらうのですから、スムーズな乗り換えが可能になりますね。

 

ディーラー、ショップ上限値のカラクリ

 

ディーラー、ショップ上限値のカラクリ『乗り換えの手間がかからない事』 が一番の希望であるならそれがいいですが、果たして下取りをしてもらうのが一番得な方法なのでしょうか。

 

私の場合は、下取りであろうと買い取りであろうと、いくらでも高くとってもらえるところがいいですね。

 

エスティマは人気車種ですから、一般的には下取りでも高値で取引される可能性が高いです。

 

ですが、それはどこでエスティマを下取りしてもらうかによります。

 

ディーラーや中古車ショップ側では、下取りをした車はその店舗、もしくは系列のショップで販売をして利益を得ます。

 

そのため売れなければ、儲けを出すことができないので、それほど高い金額で引き取れないという事情があります。

 

ましてやトヨタ以外のメーカーの系列店なら、なおさら売る術が限られてしまうのです。

 

一方、ガリバーのような買取専門店は、買い取った車を再流通させてすぐに利益化することができます。

 

また、国内の平均的なエスティマの相場も知り尽くしていますから、実はショップに下取りを依頼するよりも高く買い取れる傾向にあります。

 

エスティマは 2.4 が人気

 

特にエスティマの場合、3500tよりも2400tが人気があり、特にアエラスが人気が高く買い取り価格も高めになっています。

 

ということからも、一般的には下取りよりも買い取りの方が高値がつく傾向にあるのです。

 

私の知人もエスティマを買い取りしてもらいましたが、

 

ディーラーでの下取り価格と比較したところ、7〜10万円も高かったようです。

 

とはいえ、絶対に下取りの方が安いと言いきれるわけではありません。

 

なぜなら、日本全国で下取り価格を聞いたわけではないですから、もしかするとかなり高く下取りしてくれるところもあったかもしれないですからね。

 

そのため、大まかではありますが、買取専門店でのエスティマの買い取り相場をお教えしますね、これと比較してみれば、高いのか安いのか分かるかもしれませんよ。

 

エスティマの買い取り相場の読み方

 

2012年1月現在、エスティマの最も人気のあるとされる【2.4アエラス】では2011年式で新車価格の23%減(4WDは28%減)くらいが相場ですから、220万円くらい、2010年式で26%減(4WDは32%減)、2009年式で34%減(4WDは40%減)になります。

 

その他の3.5アエラスになると、2011年式が39%減(4WDは40%減)、2010年式が41%減(4WDは43%減)、2009年式が48%減(4WDは50%減)、2008年式が50%減(4WDは52%減)程度です。

 

あくまでこれは参考価格ですから、もしかすると買い取り業者によってはもっと高く買い取るところもあるかもしれません。

 

その業者を見つけるには、たくさんの買取業者に見積もりを取らなければいけないでしょう。

 

それにはカービューやズバット等の一括査定を利用するとスピーディーに事が運ぶでしょう。

 

その上で、気になるショップのエスティマ下取り価格と比較しても良いですよね。

エスティマの廃車に必要なモノ

 

エスティマを廃車をするという時には、まず必要な書類を準備しましょう。

 

エスティマの廃車に必要な書類 エスティマの廃車手続きには、まず以下のものを揃えましょう。

  • 自動車検査証
  • 印鑑証明1通
  • ナンバープレート
  • 申請書
  • 抹消登録手数料納付書 (手数料350円)
  • 実印
  • 自動車税取得税申告書

 

  今すぐエスティマを処分する

 

 エスティマ廃車の詳細

 

自分で廃車手続きする場合の注意

 

自分で廃車手続きする場合の注意ちなみに、申請書や末梢登録手数料納付書は、申請をする各都道府県の運輸支局、自動車検査登録事務所などに置いてあります。

 

これらを持って各都道府県の運輸支局、自動車検査登録事務所などに行きます。

 

この場合に注意点として、廃車をするエスティマに乗っていかないことです。

 

なぜならば、この時ナンバープレートも返納しますから、

 

もうエスティマには乗って帰ってこれなくなります。

 

エスティマを処分する流れ

 

書類の記入が終わり、揃ったら申請受付窓口に向か、提出をします。

 

そして交付窓口で登録識別情報等通知書を受け取り、ひとまず終了になります。

 

ただ、これだけでは書類上の廃車をおこなっただけで一時抹消という形になります。

 

今度は残されたエスティマを解体しなければいけませんので解体業者を探しスクラップの依頼をします。

 

この時、自動車リサイクル料金がある場合支払わなければいけません。

 

そして解体してもらったなら、解体の届け出をする必要があります。

 

その際に必要な解体証明書は、解体業者から発行してもらうのですが1〜2ヶ月ほどかかるようです。

 

解体届け出には一時抹消で受け取った登録識別情報等通知書、解体証明書、届出書、手数料納付書(手数料は無料)、印鑑が必要です。

 

それを申請受付窓口に提出し、不備がなければ解体届も終了です。

 

車検が残っていれば、税金が戻ってくる

 

もし、車検が1ヶ月以上残っているという場合には自動車重量税の還付が受けられますから、自動車重量税還付申請書を窓口からもらい、提出すれば、後日指定の口座に振り込まれます。

 

このように、一時抹消をして解体届を出すまで2回陸運局に足を運ばなければいけません。

 

1度でできる永久抹消登録というのもあるのですが、それだと解体を先にしてもらい、その証明書の発行を待って行わなければいけませんので、車検が残っていれば自動車重量税の還付額が発行を待つ期間分少なくなります。

 

費用を安く済ませるなら、一時抹消登録をして解体という流れがベストです。こうしてみるとエスティマ1台を廃車をするにはけっこう手間がかかるのものですね。

 

廃車手続きを代行してもらう場合

 

ところが、買い取り業者によってはこれらの面倒な、廃車手続きを代行してくれるところもあるのです。

 

私が知っている中では、廃車買取は安心サービスの車買取カーネクストが便利です。

 

エスティマを廃車をするのに必要なアドバイスが得られますし、自宅で待っていて、車は取りに来てもらえば全て終わってしまうんです。

 

還付金などがあれば、その差額分だけ安くなりますし、還付金が廃車料金を上回れば、返金されます。

 

⇒ 今すぐエスティマを処分する

 

廃車寸前のエスティマでも売ることが出来る?

 

だけど、業者に依頼すれば費用がかかるからと言って、自分で最後まで処理するという人もいるかも知れませんね。

 

ですが、それらの費用も無料で行ってくれる業者もあるのです。

 

また、エスティマの場合、自分の判断ですぐに廃車と決めつけるのはちょっと早いです。

 

一応、カービューズバット車買取比較の一括査定を依頼してみたほうが良いかも知れません。

 

もちろん、年式、走行距離も多くなればほとんど査定額もないかもしれませんが、買取業者によっては数万円で買い取ってくれる可能性もあるんですよ。

 

エスティマは東南アジアの国々に人気で、そんな国に輸出ルートがある業者なら廃車ではなく普通に買い取りをしてくれるかもしれないんです。

 

これは人気車種のエスティマだからこそあり得る事なんです。

 

どうせ廃車するつもりなら、たとえ0円でも、廃車手数料や手間を省けますから、トータルすればプラスですよね。

初代エスティマを売るときの覚悟

 

 

 

今やハイブリッドまで登場しているエスティマですが、実に今のモデルで3代目となりますね。

 

初代エスティマは1990年に発売し、前期型(1990年5月〜1994年7月)、中期型(1994年8月〜1997年12月)、後期型(1998年1月〜1999年12月)と少しずつ改良をしてきましたが、約10年もの間大きなモデルチェンジもなかったのです。

 

とはいえ、後期型でさえ、すでに20年も経過していますから、初代エスティマ前期型になるとほとんど中古車市場から姿を消しつつあるようです。

 

 

 

 

初代の前期型は意外とイケる

 

ただ、初代エスティマ前期型でも、修復歴ナシで走行距離も10万キロを超えていないのであれば、中古車市場ではいまだに40〜50万円で流通しているようですね。

 

むしろ、改良した中期型の市場相場が10〜30万円程度になっていますから、前期型の状態のいい初代エスティマの方が人気があるんでしょうかね。

 

後期型になると、デザインが一新され、若者向けのエアロパーツを装着したアエラスが登場。燃費も向上したことにより初代エスティマではアエラスが一番人気となっているようですね。

 

今でも乗っていても古臭さを感じさせない斬新なデザインの上、10年以上経過しているとはいえ乗り方次第ではまだまだ現役でも違和感のないモデルです。

 

そのため、中古車市場でも人気があり、整備が行き届いていればまだまだ初代エスティマでも、それなりの買い取り価格はつきそうですね。

 

この事からも分かるように初代エスティマでは、前期型は希少価値があるのか、年式の割には高値で買い取ってもらえる傾向にあります。

 

後期型はまだまだ問題なく乗れますから買い取ってもらう時にも少し粘ってみてもいいでしょう。

 

 

 

 

自分で勝手に廃車と決め付けると損をする

 

ただ初期型の場合は、『もう年式も古いから廃車するしかないだろう 』 とか 『引き取ってもらえるだけで御の字』と勝手に自分で決めつけてしまう人がいるようです。

 

もちろん、あまり全国的な相場も分からないような中古車店なら、二束三文で買い取る、もしくはタダで引き取ると言ってくるかもしれませんね。

 

買い取り業者には、それぞれ得意分野があるので、初代エスティマの価値がわかる業者もいれば、そうでない業者もいるわけです。

 

だからこそ、複数の買い取り業者に一度に査定してもらえるカービューカーセンサーのような一括査定サービスを利用するのが大事になってきます。

2代目エスティマの買い取り相場を読む

 

https://www.carsensor.net/catalog/toyota/estima/F002/より転載

 

 

2代目エスティマの買い取り相場2代目エスティマは、2000年1月〜2005年12月までの6年間発売され、このあたりから本格的に人気が爆発した感があります。

 

2代目エスティマは、ミッドシップレイアウトをやめましたね。

 

FF化、低床化して高い居住性、シートレイアウトの自由度を向上。

 

また、乗り降りのしやすい両側スライドドア、センターメーターなど機能面が充実した上に、デザインも近代的なスタイルになっていますね。

 

2代目エスティマには2000年1月〜2003年4月製造の前期型、2003年5月〜2005年12月製造の後期型に分けられます。

 

⇒ 今すぐ2代目エスティマを一括査定する 【かんたん】

 

 

アエラスGエディション2.4が人気か

 

エスティマ買取(2代目)エスティマの2代目は年式、機能性とも、後期モデルが人気があり、その中でもアエラスGエディション2.4あたりが中古車市場で高値で取引されています。

 

私も、エスティマを購入するなら2代目がいいと思ってますよ。

 

その理由としては、すでに10年近く経過しているにもかかわらず、近代的なデザインのため古臭さも感じないし、初代に比べて燃費も悪くない。

 

そして、年数が経っているので価格もリーズナブルになっているというところです。

 

もちろん、3代目の方が性能がいいのは間違いないが、中古車としてはまだまだ高い。

 

おそらく、考えが同じ人が全国的にも多いのでは?と思うのです。

 

人気があるという事と、比較的同クラスの他社の車に比べて、年式が古いのに高値が付いているということから推測すると、おそらく2代目エスティマの売れ行きは中古車市場でもいいのでは!!(何をいまさら・・・)

 

 

だから2代目エスティマは高く売れる

 

とまあ、当たり前の事を言ってしまいましたが、2代目エスティマが人気車種という事は、当然中古車店でも高く買取をしても売れる見込みがあるという事にもつながるのです

 

利益幅は低くても、すぐに売れる見込みのある2代目エスティマは、中古車店としても『買い 』 の車という事になるからです。

 

アエラスやGが人気モデルになるが、2代目エスティマは見た目のカッコ良さ重視で、Gよりも下位にあるJやXも十分人気があります。

 

7人乗りと8人乗りでどちらが人気が高いかというのは、2代目に限って言えばその人個人の使い勝手による傾向が強く、特に査定額に響く事はないようですね。

 

ということから、2代目エスティマを売るなら、どのクラスでも中古車店では買い取りしたい車種になっているのです。

 

そのため、売るならできるだけ多くの買取業者に競わせてみるのが得策です。

 

 

 

買い取り相場は刻一刻とダウンするのは、どれも同じ

 

新型が発表されれば、人気の2代目エスティマといえども、それなりに買い取り相場が下落してしまう事は避けられません。

 

いずれにしても中古車である以上、刻一刻と市場価値はダウンしていくものです。

 

 

 

https://minkara.carview.co.jp/userid/1043243/blog/27720244/ より転載

 

3代目エスティマの買い取り事情

 

3代目エスティマ買取 3代目エスティマでは7人乗りなら3列目シートを床下収納できるようになり、なんと2列目シートは最後尾までスライドさせられるようになってますよよね。

 

8人乗り仕様も2列目シートにチップアップ機能を備えており、こちらも広々と乗れる仕様になっているんです。

 

トランスミッションも3.5Lではシーケンシャルシフト機能付き6AT、2.4Lでは7速シーケンシャルシフト機能付きSuper CVT-iが採用されています。

 

これまでのコラムシフトが、3代目エスティマからはインパネシフトになるなど、さらに近代的な装備となっているってところも人気の秘訣ですかね。

 

7人乗りと8人乗りでは相場には、さほど違いなし

 

3代目エスティマを売るならエコカー減税を追い風にしろ 正直言って、3代目エスティマはどこでも高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

 

特に、2.4L、アエラス、Gグレード、2WDあたりは人気が高く、どこの中古車店でも高く買い取ってくれるようですね。

 

7人乗りと8人乗りでは若干8人乗りの方が買い取り価格は高いかも知れませんが、それほど大きな差がないようです。

 

でも、3代目エスティマを売る場合、やはりタイミングが大事かも知れませんね。

 

それは、2015年まで延長になったエコカー減税です。

 

エコカー減税は新車を購入する際にメリットがあるだけで、中古車には関係ないし、ましてや売りたい人には全く関係ないんじゃないの?と思うかもしれませんね。

 

でも、エコカー減税は中古車購入時にもメリットがあるんです。

 

3代目エスティマの場合、ハイブリッドは平成27年度燃費基準+20%達成していますから、2回目の車検時に自動車重量税が50%軽減、自動車取得税は中古車購入で45万円控除になるんですね。

 

ハイブリッド以外の車も「X」の2WD、「アエラス」の2WD・8人乗り仕様を除いた2.4Lの車は平成27年度燃費基準達成となっていますから、中古車購入時に自動車取得税が15万円も控除されるんです。

 

エコカー減税を追い風にしろ

 

『 だからぁ、売る方にはメリットないだろ 』 って言われるかも知れませんね。

 

だけど、こういったエコカー減税の延長のおかげで、ますます3代目エスティマを購入する人が増えているんですよ.

 


ということはその分、中古車ショップでも売りやすいので、必然的に、3代目のエスティマの買取価格も高くなる可能性があるんですね。

 

はい。ここポイントです。

 

だから、3代目エスティマを売るなら、このエコカー減税がある今のうちに売ってしまった方がいいんです。

 

エスティマハイブリッドなら、最初の車検の前に売ってしまえば特に良いかもしれませんね。

 

こんな人気のある3代目エスティマは、簡単に売ってしまわずに、複数の買取業者に競合させることが一番。

 

年数が経過している車なら、競合させてもせいぜい4〜5万円がいいところだけど、3代目エスティマなら数十万円の差が出てくる可能性もあるかもしれません。

 

だけど、モタモタしているとすぐに値下がりしてしまう可能性もあるから、カービューズバット車買取比較のような一括査定で競合させるのが手っ取り早いですね。

エスティマハイブリッドを売る

 

https://toyota.jp/estima/より転載

 

エスティマハイブリッドを売る時のポイントエスティマハイブリッドは、2001年6月に2代目エスティマのグレードの一つとして登場し、実にミニバンとしては初のハイブリッドカー(市販では)となっているんです。

 

2代目エスティマハイブリッドは2.4Lもの排気量なのにもかかわらず10・15モードで18.0km/Lの低燃費を叩き出していますね。

 

3代目では新燃費基準のJC08モードで18.0km/Lという同排気量クラスで世界トップレベルの低燃費を達成しているんです。

 

ミニバンタイプで燃費18.0km/Lというのは驚異的ですよね。

 

これもエスティマハイブリッドの買取価格が落ちない理由の1つですが・・・。

 

 

エスティマハイブリッドの人気の理由

 

エコカー減税は買取の時にも関係アリ 中古車市場で人気があるのは、やはり3代目エスティマハイブリッドですね。

 

燃費もさることながら、見た目のデザインも画期的ですし、VDIMという横滑り安定装置(VSC)、アンチロックブレーキシステム(ABS)を装備。

 

また、電動パワーステアリングなどの電気系統を統合制御する統合車両姿勢安定制御システムが搭載されているという事もあり、安全面も強化されているという点もありますね。

 

中古車市場でエスティマハイブリッドが人気の理由には、
エコカー減税が2015年まで延長になった事が関係しています。

 

エコカー減税は中古車購入時にも恩恵を受け、3代目エスティマハイブリッドは平成27年度燃費基準+20%達成していますから、新車購入時から3年後の最初の車検時に自動車重量税が50%軽減されますし、自動車取得税は45万円も控除されるのです。

 

 

 

売るならエコカー減税があるうちに

 

燃費もエコカー減税額も考えれば、3代目エスティマハイブリッドの相場が高値安定していることも納得がいきます。

 

もしエスティマハイブリッドに乗っているなら、乗り続けるのがベストかもしれませんが、もしも売るというならエコカー減税のある今が売り時。

 

エスティマハイブリッドなら喉から手が出るくらい欲しがっている買取業者も多いはず。

 

カービューなんかの一括査定を利用すれば、競り合いになって高値がつく可能性は高いでしょう。

 

エコカー減税の延長が発表になってから、中古車販売店の店頭にもエスティマハイブリッドの姿が消えつつあるようです。

 

それは、購入したい人よりも売却する人が少ないためでしょう。

 

ちょっと渋っただけで高値がつくかもしれませんから、一括査定サイトで複数の業者に売り込みするっていうのが高く買い取ってもらう秘訣ですよ。

エスティマアエラスは買取価格が下がらない

 

https://toyota.jp/estima/より転載

 

エスティマアエラスを売る時のポイント 高い人気を誇るエスティマですが、その中でも特に人気があるのがアエラスです。

 

アエラスは若者に人気のエアロパーツを装着したデザインで、実は初代エスティマ時代の1998年1月に登場しているのです。

 

エスティマアエラスはそのデザイン性と機能性から中古車市場でも他のグレードよりも価格が下がりにくく、人気のある車種となっているんです。

 

当然、中古車市場で価格が下がらないという事は、買取価格も高いという事になります。

 

 

 

アエラスを売るなら強気で交渉OK

 

アエラスを売るなら強気で交渉OK

 

もしエスティマアエラスに乗っていて売却を考えている人は、交渉は強気に出てもいいかもしれませんね。

 

エスティマアエラスには、通常のアエラスにGの装備を加えた特別仕様車アエラスGエディションや、本革シートを採用したレザーパッケージなどいろいろなバージョンがあります。

 

2010年9月にはエスティマ誕生20周年を記念して20thロゴの専用エンブレム、ハイグロス塗装の専用アルミホイールなどを装備した特別仕様車2.4アエラス20thAnniversaryEditionなどもあります。

 

やはり、エスティマ・アエラスの中でも特別仕様車が装備面などの面でも人気が高いですね。

 

 

 

やっぱり黒の相場が高い

 

査定も・・・

 

2012年5月には、エスティマハイブリッドにもスポーティグレードのアエラスが新しく作られています。

 

さすがにエスティマハイブリッドアエラスに乗っている人はまだまだ少ないでしょうし、売るという人は特にいないでしょう。

 

中古車市場でもまだ流通されていません。

 

もしかすると、プリウスのように新車よりも中古車の方が高いという現象がエスティマハイブリッド・アエラスにも起こるかもしれませんね(笑)。

 

ハイブリッドはさておき、通常のエスティマアエラスを売るなら、どこの買い取り業者でも高値を出すことは必至でしょう。

 

さらにエスティマアエラスはどちらかというと若者向けというイメージがありますから、ボディーカラーもホワイトパールやブラック等が人気でしょう。

 

そのため、売る時には綺麗に洗車・ワックスをかけるという事は基本です。

 

特にブラックは手入れをすればするほど輝きが増しますから査定アップにもつながるかも知れません。

 

カービューズバットのような一括査定には、ただのエスティマよりも、特にアエラスを買うような客層に強い業者も参加しています。

 

そういった買取業者が競争入札してくるのが、一括査定のメリットと言えるでしょう。

エスティマの中古車を買う際の注意点

 

エスティマの中古を買う際の注意点天才タマゴというネーミングで一世を風靡したTOYOTAエスティマ、今ではハイブリッドもある人気のミニバンの一つです。

 

乗り心地、居住性能、装備などいろいろな面で工夫が施され、私も乗りたい車の一つです。

 

不景気の昨今、新車のエスティマには、なかなか手が出ないという人も多いかもしれません。

 

そんな世相を反映してか、エスティマは中古でも人気モデルですね。

 

ただエスティマに限った事ではありませんが、中古で購入する場合には注意しなければいけない点がいろいろあります。

 

 

ハイブリッドのバッテリー交換は40〜50万?

 

ハイブリッドのバッテリー交換費用は40〜50万 まず、エスティマといっても、大きく3世代に分けられます。

 

初代(1990年〜1999年)
2代目(2000年〜2005年)
3代目(2006年〜)

 

どの世代の中古エスティマを購入するのかによっても注意点が異なります。

 

初代となると、後期型でさえ15年以上経過していますから、エンジン音やタイヤの減りなどのチェックは欠かせません。

 

もちろん走行距離も重要ですが、もはや本格的な中古車となった初代エスティマはこういった目に見えない部分の不具合も出てきてしまう頃です。

 

2代目エスティマの中古車購入を検討している人の悩みとすると、2代目から登場したハイブリッドのようです。

 

よくハイブリッド車は、10万キロを超えるとバッテリーを交換しなければいけないという噂があるようですね。

 

しかも交換費用は40〜50万円もかかるとか・・・。

 

しかし実際には、ハイブリッドのバッテリー交換費用は13〜15万円程度ですし、20万キロ走行しても問題ないようですから、そこは注意点にはならないかもしれませんね。

 

2代目にしようか、3代目にしようか悩んでいる人は、3代目エスティマが2015年まで延長されたエコカー減税を受けられるという点も考慮してみてもいいかもしれません。

 

エスティマの中古車を購入する際に言える事は、ハイブリッド、アエラス等の車種は人気が高く、なかなか中古車市場にも出回りにくいという事です。

 

 

 

 

中古のエスティマを探すなら

 

年式やボディーカラーもこだわるなら、尚更 『買い』 のエスティマの中古は見つからないかもしれません。

 

探すのであれば カーセンサー や Goo-netなどの全国規模の中古車販売店で探すのがいいかも知れません。

 

カーセンサー ちなみに、この場合、私のオススメはカーセンサーです。

 

条件指定がGoo-netより細かくできます。

 

掲載されてる中古エスティマの個体は、この手のサイトは大体どこも同じです。

 

というのも中古車ショップはこういった中古車検索サイトに広告として掲載依頼しているので、アッチのサイトで見たエスティマが、コッチのサイトでも全く同じ個体が見つかる・・・ということになります。

 

なので、自分的に使いやすいと思ったところを1ヶ所だけ使い倒した方が面倒がないです。

 

私はカーセンサーでマイページ登録を作ったりして、目星をつけたエスティマを何台かピックアップして、夜な夜な見比べる・・・というのが趣味になりつつあります。

 

また、自分の理想のエスティマの中古がなかなか見つからないという人はガリバーの中古車ご提案サービスを利用してもいいかも知れませんね。

 

ガリバーの中古車提案サービスとは、こちらからあらかじめ希望の車種を指定しておけば、万が一その車が出回ってきたらすぐに連絡をくれるというありがたいサービスなのです。

 

もちろん、その車を購入するかしないかは、連絡がきてその車を見てからでも構いませんし、キャンセルしても構わないのです。

 

 

 

 

エスティマの中古車 ※狙い目の2代目。ハイブリッドの注意点など

 

私の2代目エスティマは中古車検索サイトで探しましたが、個人的にはGoo-netよりもカーセンサーの方が好みです。

 

カーナビ付き、サンルーフ付き、3代目エスティマの中古相場はまだこなれてません、以外と初代の後期型なんか...

 

 

 

page top