ヴェルファイア

 

ヴェルファイアの新車値引きと下取り金額のアップ!

 

効率が悪く、最大限の値引きも引き出せない交渉術で満足していませんか?

 

 

 

ヴェルファイアの新車購入の際に最大限の値引きを受けるのには通常、かなりの労力と時間を要します。

競合車種の販売店へ行きある程度の値引き交渉をし、見積もりしてもらう

本命のヴェルファイアの値引き交渉をする為の土台となる競合車種の見積りをとるのにも一苦労。

 

ヴェルファイアのディーラーに行きまず最初の値引き交渉

ディーラー営業マンの交渉をかわしながらある程度の値引き交渉。

 

何度かディーラーへ足を運び、値引き限界かな?と思った所で契約

時間と日数が掛かる上に値引き相場が分からないので曖昧な値引き額で契約することが多い。

 

こんな値引き交渉術でヴェルファイアの最大値引きを受けることが出来るのでしょうか?


値引きは全体的な額で見てはいけません。1つ1つ見ていきましょう

 

ヴェルファイアの値引き交渉では、まず車両本体の値引き額下取り車両の買い取り価格ある事をしっかり頭の中で理解しておいてください。

 

これを理解しておかないと、最初の見積り時の時の下取り車両査定額を安めに見積もっておき、詰めの段階で元々の買い取り相場価格に戻し、「それでは最終的に下取り車両の買取金額を上乗せさせて頂きます。」と、さも通常買取金額に上乗せしたような営業マンの常套手段にはまってしまいます。

 

車両の値引きもオプションや諸経費に惑わされないように車両本体の値引き額を知っておく必要があります。

 

それでは、どのようにして下取り車両の買取相場と車両本体の値引き相場を調べればいいのでしょうか?

 

交渉詰め段階の営業マンの下取価格上乗せに騙されるな!

 

下取り相場を調べる為には、通常買取業者を数件廻り、一件一件そこそこの高額査定が出るように交渉して行き、その中で一番高額査定された金額を目標にディーラー買取額と見比べる必要があります。

 

しかしこの場合、一件一件しっかり交渉して行くと一件にかなりの時間を割いてしまう上にしっかり交渉出来ていなければ元も子もありません。

 

⇒買取相場を知るには無料一括見積りが便利!

 

無料一括見積りは、買取車両の情報をネットで1〜3分入力するだけで、提携している全国の買取業者の中から最大8~10社の見積りを同時に受け取る事が出来ます。

 

そして、最大の強みは各買取業者ともに見積りの競合他社がいる事はもちろん知っていますので、駆け引きなしの最大買取金額を提示してくることです。

 

これにより、買取業者を廻る手間、交渉する手間を省く事ができ、且つ最大買取価格を知ることが出来るのです。

 

ディーラーの下取り価格よりもこちらの方が高額な場合はこちらで売却するのもありです。

 

 

 

雑誌の「値引き目標額」は嘘? 車両本体の値引き相場を知ろう!

 

もうお分かりでしょうが、下取車両の買取価格同様、車両本体の値引き相場も知っておかなければいけません。

 

相場を知らないとどこまで値引きが可能なのか目安が付かないからです。

 

雑誌等にもヴェルファイアの値引き目標が載ってますが、あれはカーナビ・エアロ・アルミ等のオプション等も含めた値引き目標なので参考になりません。

 

同じ販売チャンネルの別の店を廻って見積もりを取るのも手ですが、手間も掛かりますし、同じメーカー同士の見積りは現在は効力がありません。

 

 

 

オートックワンでヴェルファイア無料見積りを出しておけば、車両本体の値引き相場がはっきり分かります。

 

見積り依頼すると『マイページ』のURLが送られてきて、なんと『マイページ』で値段交渉までも出来てしまいます(汗)

 

いざディーラーよりも安かった場合はオートックワンで購入するのも方法の1つです。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

 

 

ヴェルファイア関連情報

 

トヨタの高級ミニバン、ヴェルファイア。

 

車名のヴェルファイアは、英語で物静かなという意味の「Velvet」と情熱を意味する「Fire」を組み合わせた和製英語。

 

クールな情熱を持つクルマという意味で名付けられた。

 

2008年に初代がデビュー。

 

インテリアに関してはアルファード同様7人乗りと8人乗りがあり、前者はキャプテンシートとなっている。

 

更に3.5ZGEDITION、3.5VLEDITIONでは、そのキャプテンシートが「エグゼクティブパワーシート」となり、大型ヘッドレストが備わりリクライニングやオットマンの操作が電動化されている。

 

位置付けとしては日本国内専用車ではあるが、並行輸出というかたちで香港・インドネシア・シンガポール・マレーシアなど、東南アジア中心に左側通行の国でも見受けられる。

 

ただし、2010年から香港への正規輸出が始まった。

 

2009年6月2日、「2.4Z/3.5Z」をベースに、デュアルパワースライドドア、パワーバックドア、アルカンターラの専用シート表皮、イルミネーテッドエントリーシステムなどを装備した、特別仕様車「2.4Z/3.5Z"PLATINUMセレクション"」を発売。

 

トヨタのヴェルファイアを買った!

 

自分で言うのも何だが、やっぱりヴェルファイアはかっこいい♪(笑)攻撃的なスタイル、デカい車体、最高!

 

でも正直高かった・・・

 

この夏に頻繁にメンズエステに通ったのが響いてしまったね。

 

高級ミニバンと言われることだけはある(T-T)勿論その分装備も充実しているが、自分の貯金はすべて使い、親にもいくらか援助してもらった(^-^;それでもキャッシュで買えなかったから、足らずはカードローンで借りた(>_<)

 

勿論親には内緒で×(苦笑)さすがに消費者金融で金借りてまでヴェルファイアを買ったとは言えんでしょ?(笑)

 

でも、そこまでして欲しかった車だから満足(^-^)

 

大手だから信頼出来ると思って☆モビットでも話はしたんだけど、安いに越したことはないよね。返せなくなっておまとめローンとかになったら最悪だから頑張って働くしかないな!

page top