自賠責保険について

自動車の自賠責保険の還付金について

 

自賠責保険の解約と還付金

 

自賠責保険の解約と還付金自動車を廃車して車に乗らなくなった場合、自賠責保険の解約手続きをすると還付金が返ってきます。

 

自賠責保険の有効期間が一ヶ月以上残っている場合、還付手続きによる還付金は自動車税のように月割り計算ではなく保険規定に基づいた計算で返ってきます。

 

また、手続きをせず有効期限が過ぎてしまった場合も、有効期限が過ぎた段階で解約となりますので、還付金は返ってきませんので注意しなければいけません。

自賠責保険の還付手続き

 

自賠責保険の還付手続きまず、陸運局で車の抹消手続きをしなければ、自賠責保険の解約はできません。

 

陸運局には個人名義の車の場合、通常、印鑑証明書、印鑑証明書と同じ印鑑、免許証のコピー、車検証原本、ナンバープレート、自賠責保険の原本、リサイクル券などが必要です。

 

そして、加入している保険会社の窓口に陸運局で発行された証明書のコピー、自賠責保険証などを持参し、解約・還付の手続きを行ない、その後還付金が指定口座に振り込まれます。

 

その際、通常約1週間から2週間後には還付金が返ってきます。

 

例として、三井住友海上ではご契約中のお客様に関する自賠責保険の解約手続きは「公的廃車証明書」または「他の自賠責証明書(重複契約の場合)」と「自賠責保険(本紙)」がある場合は郵送で可能です。

 

まずは自賠責サポートデスク(0120?281?554 月〜金 9:00〜20:00 土日祝 9:00〜17:00)にご連絡ください。

 

また最寄りの営業店もご利用いただけます。

page top