軽自動車の自賠責保険を解約・還付金手続き

軽自動車の自賠責保険を解約・還付金手続きするには

 

軽自動車の自賠責保険の解約と還付金

 

自賠責保険軽自動車を廃車して車に乗らなくなった場合、自賠責保険の有効期間が一ヶ月以上残っていれば自賠責保険の解約手続きをすると還付金が返ってきます。

 

自賠責保険の還付手続きによる還付金は自動車税のように月割り計算ではなく保険規定に基づいた計算になります。

 

軽自動車の場合、自賠責保険の還付手続きの前に軽自動車協会で廃車手続きを行なっておく必要があります。

 

自賠責保険の解約手続きが遅れると還付金の額が減るので、手続きは忘れず速やかに行ないましょう。

 

また、手続きをせず有効期限が過ぎてしまった場合も、有効期限が過ぎた段階で解約となり還付金は返ってきませんので注意しなければいけません。

 

自賠責保険の還付手続き

 

軽自動車協会軽自動車の自賠責保険解約手続きの前には必ず軽自動車協会で一時抹消登録証明書を発行してもらうか、解体業者に依頼して完全に車をスクラップして解体証明書とナンバープレートをもらい、車検証、所有者の認印、申請書、自動車取得税申告書、軽自動車申告書、リサイクル券を持参し、軽自動車協会で永久抹消の手続きをとらなければいけません。

 

永久抹消と一時抹消との違いは廃車登録後に再度車を使用するか、しないかです。

 

またその自動車に乗るかもしれないと思っている人は一時抹消登録が出来ますので確認しましょう。

 

そして、その軽自動車協会で発行される証明書のコピー、その証明書に記載されている所有者の認印、自賠責保険の原本、銀行に通帳、銀行印を保険会社に持参し自賠責保険の還付手続きを行ないます。

 

その際、書類に不備等がなければ手続き後約1週間から2週間で還付金が銀行口座に振り込まれます。

page top