一括査定で車買取  3つのデメリットと5つのメリットを知らないと確実に損します!車売却トラブル回避NAVI

車買取一括査定のデメリットとメリット

 

数あるページの中で当ページをお読み頂きましてありがとうございます。

 

早速ですが、車買取一括査定を推奨するサイトはたくさんありますが、デメリットについて詳細に解説しているページは少ないので、これから車買取一括査定サイトを利用して愛車を売却したいと考えられている方にはお役に立つと思います。

 

初めてサービスを利用する方にとって、メリットよりもデメリットを知らないと、本末転倒になる事が多いので、WEBページを立ち上げました!

 

さて、なるべく中古車を高く売りたいと思い、ネットで色々検索するものの、

 

おすすめ!

 

と一括査定のバナーやリンクが張られたページばっかりで、業者の詳細は書かれているものの、具体的な流れや体験談はあまり書かれていないし、デメリットについてもあまり詳しく書かれていない・・・

 

ほとんど同じ内容が多いですね。

 

あっ申し遅れました。

 

元中古車販売に携わっていたフィナンシャルプランナー兼WEBコンサルタントのshinと申します。

 

さて、私が仕事上経験した事と、実際に車一括査定サービスを使ってみての感想を踏まえてお知らせします。

 

まず、デメリットについてですが、不思議と他サイトではさらっと流しているページが多く、申し込み後は知らんよ・・・

 

って感じのページが多いですね。

 

メリットについてはあれやこれやと書かれているんですが・・・

 

目次

 

1      車買取一括査定の本当のデメリットとは?

 

1−1 WEBサイトでよく書かれているデメリット

 

1−2 営業の電話がかかってくる

 

1−3 解決法

 

1−4 業者間同士の談合

 

1−5 解決法

 

1−6 再査定

 

1−7 解決法

 

1−8 申し込み前の心構え

 

1−9 まとめ

 

 

 

 

車買取一括査定の本当のデメリットとは?

 

WEBサイトでよく書かれているデメリット

 

営業の電話がかかって来る

 

一括査定をサービスを申し込むと、いきなり営業の電話がかかってきます。

 

こちらからしたら、いきなりの電話ですのでちょっと引きますね。

 

電話に出てみると

 

「出張査定に伺います!いつがご都合よろしいでしょうか?」

 

って感じでとにかくアポイントを取る為に必死です。

 

査定に出す車にもよりますが、1つのサービスを利用してだいたい3~4社からかかってきます。

 

後はメールで概算で○○万円くらいですが、よろしければご連絡下さい。
って感じです。

 

これを知らないと一括査定サービス自体が恐ろしくなって、しばらく電話に出ない方もいるかも知れません。

 

特に電話が苦手な方や気の弱い方、女性の方なんかだと「多少安くても下取りに出した方が安心できる」

 

って思ってしまうかもしれませんね。

 

ご多分にもれず、私も一括査定サービスを利用した際に電話がいきなりかかってきました。

 

3社くらいでした。

 

実は、恥ずかしながら私は直接しゃべるのは得意なんですが、電話が苦手でして・・・

 

いきなりかかってきた電話を無視しました。

 

確か2時間おきくらいにかかってきました。

 

結局は3社とも電話に出て同じ日に1時間ずらしてアポイントを取り、0円 5万円 15万円と査定してもらって、当然15万円を付けてくれた業者に売りました。

 

でも、売る気のない方でしたらかなりのプレッシャーになると思います。

 

ただ、当たり前ですが、相手も営業ですので、他社に先んじて取引をするというのは当然ですので、そこは非常識な時間以外の電話はある程度仕方がないのかもしれません。

 

 

解決法

 

自分の都合のいい時間に申し込む

 

電話がなるとどうしても出ないといけない強迫観念(笑)がある方もおられるかと思います。

 

そこで、仕事中のお昼の間に申し込みをするというのもひとつの方法かと思います。

 

ご飯を食べた後の休憩時間にかかってきた業者とだけお話をして、詳しい話は抜きにしてアポイントだけ取る。

 

って感じです。

 

電話とメール連絡を選べる業者に申し込む

 

一括査定業者の中には電話かメールを選択できるサービスもあります。

 

あの有名なカーセンサーがそうなんですが、そこから申し込むと電話かメールが選択出来ます。

 

まず、郵便番号と車種等を入れると以下の画面になって、右側の申し込み業者の

 

チェックで依頼するかどうかの選択が出来ます。

 

 

 

 

 

更に詳細のリンクをクリックすると・・・

 

 

 

以下の画面になり、そこで事故車やメールOKの画面が出るのが確認できます。

 

このメールOKと書かれた業者ですと、電話対応ではなくメールでの対応が可能になります。

 

 

 

更に左下にご希望などある場合はこちらのリンクをクリックすると・・・

 

 

以下の画面になりますので、連絡希望時間帯に「メールでの連絡を希望します」を入力すればOKです!

 

 

 

 

カーセンサーnetでのサービスは、このように入力することによって、メールでの連絡での対応が可能です。

 

調べてみたところ、ほとんどの業者で「出張査定」と「メール対応」が可能でした。

 

事故車については半数くらいの業者がOKでした。

 

依頼は以下より

 

 

 

 

 

次にそもそも電話がかかってこない業者に申し込むという方法です。

 

最近良くラジオで耳にする

 

ユーカーパックという業者です。

 

ローラが宣伝していますね。

 

実はこの業者は厳密には一括査定ではなく、ユーカーパックで一度査定して出た結果を元に、2650社の業者で買取価格を競わせるという新しい買取方法です。

 

もちろん1回は申し込み内容確認や査定場所(自宅や指定ガソリンスタンド)や日にちを決めるだけですのでうっとうしい売り込みは一切ありません。

 

ユーカーパックが代行して最高で買ってくれる業者を見つけてくれるってイメージです。

 

すぐにあなたの愛車の概算価格がわかるのもうれしいですね!

 

 

 

こんな感じです。

 

1回の電話で最高額がGET出来るのは新しいです。

 

依頼は以下より

 

 

 

 

業者間同士の談合

 

一括査定業者を利用すると、地域の買い取り担当者が来て査定をします。

 

その際に同じような時間を指定すると複数の業者が来て、業者間どうしで話し合うことがあります。

 

こちらからすると、値段の交渉をしているように見えます。

 

 

 

 

  A社 うちは100万が最高です。

 

 

 

 

 

B社 ではうちは102万で勝負します。

 

 

 

 

 

 A社 では、今回はうちは降ります。

 

 

 

 

 

って感じですね。

 

これだオークション形式でいいのですが、

 

 

A社 今回の車種はお客が付いているので、うちがどうしても落としたい。
次はお宅に回すので今回は80万で提示するのでよろしく!

 

 

 

ってなって

 

 

   A社 80万円

 

 

 

 

B社 75万円

 

 

 

 

 

って感じで本来の相場よりも安く買われるケースがあります。

 

何も知らないあなたは、それが相場だと思い売ってしまう・・・

 

こんな悲劇の可能性があります。

 

現に私が依頼した業者は3社だったのですが、どの業者も顔見知りで、現場でしょっちゅう顔を合わせますよって言われておりました。

 

 

 

解決法

 

まずは、ある程度の概算価格を知ることです。

 

 

あなたの愛車の大体の売却相場がある程度理解することが必要です。

 

通常は概算価格の幅は広いのですが、80万〜120万となっていた場合、50万と言われれば何かがおかしいと気付くはずです。

 

まずは概算価格を知る事によって自分を守って下さい。

 

2社・3社だけの依頼にせずに、多数の業者に査定を依頼する

 

1つの一括査定サービスに申し込むと、2~3社が連絡があって、アポイントを取りますが、複数の一括査定サービスに申し込むと更に多くの業者の査定を受けることが出来ます。

 

仮に3つのサービスに申し込むと7〜8社の査定を受ける事が可能になります。

 

かなり面倒ですが、ここまでくれば談合はなくなると思います。

 

一括査定の各業者の時間をずらす

 

一括査定を頼む際に、面倒なので同じ時間で依頼してしまうと談合の可能性がありますが、別々の時間に分けて依頼すると何社が査定に来るのかわからない為にいい加減な値段を付けられずに済みます。

 

面倒でなければ、2の策もプラスして、一括査定サービスを複数利用して、且つ時間をずらして査定してもらう事で大丈夫だと思います。

 

 

 

再査定

 

こんな事があります。

 

一旦出張査定してもらい、金額は付きました。

 

一番高いところと契約して車も持って帰ってもらって、後は入金を待つだけ・・

 

そんなルンルンな所に買取業者から一本の電話が・・・

 

○○様、お引取りをした車の件ですが、ガレージで確認した所、事故車でした・・

 

ですので、再査定させて頂きたいのですが・・

 

 

 

・・・???

 

こんな電話が入れば青天の霹靂ですよね。

 

 

 

 

 

でも実はあるんです

 

あなたが新車で買われて何も事故がなければこんな事は起きにくいですが、中古車で買われた場合、事故車(修復暦車)であっても事故暦なしって売られていて気付かなければ、知らないうちに事故車に乗っていたパターンって結構あるそうです。

 

特に今はネットで現車を見ずに買われるケースも増えてきています。

 

納車されてすぐに事故車かどうか調べますか?

 

通常は調べないですよね?

 

又、素人が調べてもわかりにくいのが現状です。

 

そんな車を査定に出した時に、「事故暦はありません」と当然言います。

 

査定といっても、きちんと事故暦までその場で見分けられるとなると難しいです。

 

ですので、売主の言葉を信じて会社に持って帰ります。

 

その後に買い取り会社が事故車だと気付く・・・

 

あなたに電話をする・・・

 

こんな流れになります。

 

でもあなたは、プロなんだから、査定のときにそれくらいはわかるはずだ!!

 

って思うと思います。

 

ただ・・・

 

契約書には再査定の事がきちんと書かれています。

 

大抵の場合は再査定はありませんが、まれにあるようですので、事前に心構えが必要ですね。

 

 

又、申告と違った場合でも大きな問題の場合は再査定はあります。

 

メーターを交換していたとか、エンジンを交換していたとかです。

 

 

 

 

 

解決法

 

点検時にわかるかも

 

通常は事故車なんて疑う事はないので、思いもよりませんね。

 

ですので、12ヶ月点検や24ヶ月点検、車検時にフレームの交換歴がないかどうか確認してもらう位しかないですね。

 

修復歴車の定義や対応については以下を参考に

 

中古車が事故車(修復暦車)等の場合

 

査定時に正直に答え

 

又、査定時、申告する際には知っていることは正直に答えることも大事ですね。

 

営業マンもウソをつく方に喜んでもらおうとは思いませんからね。

 

それと、査定金額のリミットはだいたい1週間です。

 

それ以上になると無効になるケースもあるので注意が必要です。

 

いずれにしても再査定はめったにあることではないのでそんなに心配はないと思います。

 

この3つのデメリットに注意して一括査定に臨めば有利に進められると思います。

 

 

申し込み前の心構え

 

 

 

申し込み前の心構えがあれば、対処が出来ることも多いです。

 

以下のチェックリストで確認されてください。

 

申し込み時には車検証を用紙

 

業者から電話があるのであなたのペースで対応する

 

メモ帳を用意(査定日程の調整がメインです)

 

査定時間は約30分で、複数の業者を一緒の時間に設定しない

 

査定当日は、ボイスレコーダーやスマホの録音アプリの準備

 

疑問に思ったことは営業マンにきちんと確認する

 

万が一再査定となった場合に備えていくらまでなら売るのか予め値段を決めておく

 

この準備をしておけばトラブルなく高い金額で売れると思います。

 

私も実際に再査定の件や減額についてしっかりとお聞きして納得して売りました。

 

事前にどういうことが起こりえるかがわかっていれば冷静に対応できます。

 

まとめ

デメリットは大きく3つだけ

 

たくさんの電話がかかってくる

 

業者間の談合

 

再査定

 

 

たくさんの電話がかかってくる

 

かかってくるという心構え、かかってこない業者を選ぶ

 

業者間の談合

 

同じ時間に査定をしない

 

多くの業者に依頼する

 

再査定

 

査定時に正直に答える

 

再査定があった場合にいくなら売るか決めておく

 

 

 

いずれにしても、気持ちよく取引するためには

 

必要書類は揃えておく

 

 

こっちは客だぞといった態度を見せない

 

 

わからないことは営業マンに確認する

 

 

 

事が大事だと思います

 

以上の記事を参考にして、あなたの車を最高額で売る事に役立てて下さい!

 

ながらくデメリットについてお話してきましたが、これからはメリットや車売却の流れについて詳しく解説していきます。

 

 

続き・・・愛車を10万円以上高く売るために知っておかなくてはいけない事

 

page top